ファッション

“全米ナンバー1ベーカリー”「タルティーン ベーカリー」が日本上陸 話題の「ブルーボトルコーヒー」も提供

 シンク グリーン プロデュースは今春、"全米ナンバー1ベーカリー"と称されるサンフランシスコ発の「タルティーン ベーカリー&カフェ(TARTINE BAKERY & CAFE)」の日本1号店を東京・代官山の新商業施設、ログロード代官山にオープンする。2月4日には、来日した創業者でオーナーベーカーのチャド・ロバートソンによるトークショーを行い、出店理由や日本向けに考案中のメニューなどについて明かした。

 「タルティーン ベーカリー&カフェ」は、石臼で挽いたオーガニックの小麦粉と天然水、 天然酵母を使用したパンを販売するベーカリー。主力メニューであるカントリーブレッドやクロワッサン、ホットサンドやスイーツが大人気で、毎日店舗前には、パンを求める客が長蛇の列を作ることで有名だ。

 日本に出店を決めた理由についてロバートソン・オーナーベーカーは、「私は日本の食やアートが好きで、いつもその職人技には驚かされる。これまで、日本企業と何度かコラボレーションした経験もある他、初めて弟子として迎えたベーカーも日本人だったこともあり、日本はとてもリスペクトしている国だった」とし、「最高の食材が手に入ることも理由のひとつ。小麦やミルク、バターなどは、北海道で調達する予定だ」と話す。

 同店では、今月6日に清澄白河にオープンする同じくサンフランシスコ発の「ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)」のコーヒーを提供。「ジェームス(・フリーマン=ブルーボトルコーヒーCEO)とは15年来の付き合いで、偶然にお互い同じタイミングで日本に出店することができた。毎日コーヒー豆を焙煎する『ブルーボトルコーヒー』の新鮮なコーヒーをわれわれの店でも提供できて嬉しい」とロバートソン・オーナーベーカー。

 なお、「タルティーン ベーカリー&カフェ」は、米マサチューセッツやフランスで天然酵母を使ったパン作りの修行を積んだロバートソン・オーナーベーカーがサンフランシスコ・ミッション地区で2002年に創業。08年には、"食のオスカー"と呼ばれる「ジェームズ・ビアード財団賞」で最優秀ペイストリー・シェフ賞を受賞し、アメリカのベストベーカリーに選出された。

■「タルティーン ベーカリー&カフェ」日本1号店
オープン:2015年春
住所:東京都渋谷区代官山町13番1号 ログロード代官山 5号棟

【関連記事】
日本初上陸「フレッド・シーガル」が2015年春開業の「ログロード代官山」にオープン
"コーヒー界のApple" 焙煎したてのコーヒーを提供する米サンフランシスコ発「ブルーボトルコーヒー」が日本上陸

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら