ニュース

「コカ・コーラ」ボトルの100周年を記念したアート展 アンディ・ウォーホルらの作品も

 コカ・コーラシステムは7月19?24日まで、企画展「コカ・コーラ ボトルアートツアー」を東京・六本木のテレビ朝日 ウム(umu)で開催する。これは、1915年に"暗闇で触ってもわかるデザイン"をコンセプトに誕生した「コカ・コーラ」ボトルの100周年を記念したもの。アイコニックな同ボトルの歴史をたどりながら、アンディ・ウォーホルやノーマン・ロックウェル、クライヴ・バーカーらによる22点のアートピースを展示する。

 また、20日に発売するアルミニウム製の新ボトルを約80人のアーティストやデザイナーがデコレーションした作品も一部展示する。ファッションデザイナーでは、「ミハラヤスヒロ(MIHARAYASUHIRO)」の三原康裕や、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦らが参加している。入場は無料で、コーラを飲みながら展示物を見ることができる。

■「コカ・コーラ ボトルアートツアー」
会期:7月19日(日)?24日(金)
場所:テレビ朝日 ウム
住所:東京都港区六本木6-9-1 テレビ朝日 1階