ファッション

「ジョナサン サンダース」2014-15年秋冬ロンドン・メンズ 徐々にマーケットを広げる、その理由とは?

 カラフルな色使いで知られる「ジョナサン サンダース(JONATHAN SAUNDERS)」のメンズが今、日本で勢いを増している。たとえば阪急メンズは2014年春夏、自主編集売り場の「ガラージュ D.エディット」で取り扱いをスタート。同シーズンには、伊勢丹新宿店メンズ館も取り扱いを本格化する。以前は独特の色使いが敬遠される理由だったが、メンズにも"キャッチーな見た目"を評価するムードが到来。加えて、「色は派手だが、商品とそのシルエットは一般的」というクリエイションも評価されている。

 14-15年秋冬コレクションは、そんな評価を強く意識し、得意分野に磨きをかけたようなものだった。もちろん、グラデーションするダイヤ柄を隙間なく敷き詰めたベースボールブルゾンやスリムパンツ、フューシャピンク×モスなどの"際どいカラーコンビネーション"で描いたボーダーのニットなど、"らしい"クリエイションも数多い。しかし一方で、たとえばコントラストカラーのグログランでトリミングしたジャケット、ウエストバンドを別の色で切り替えたジョギングパンツなどコマーシャルなアイテムも数多く、もちろん、いずれもシルエットは奇をてらわず正統派かつスマートにまとめている。アクセサリーも、レースアップシューズやサイドゴアブーツにはカラフルなソールを用い、さらにソールとアッパーをつなぐウェルトにはブラック×ホワイトの編み込み。伝統的だが、実は多色使いのアクセサリーに仕上げた。

そして極めつけは、「ライル&スコット」とのコラボレーションだ。身頃をアーガイル(格子柄)、袖をポルカドット(水玉)にしたニットやポロシャツ、Tシャツなどを発表した。キャッチーな色と柄使いというアイデンティティはそのままに、ビジネスセンスを巧みに盛り込んでいるからこそ、日本でも徐々にマーケットが広がっていることを再認識するコレクションだ。

【ジョナサン サンダース 2014-15年秋冬ロンドン・メンズ?全ルック】

【2014-15年秋冬ロンドン・メンズ?関連記事一覧】

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら