ファッション

個性派ショップの集合体 ジュン×藤原ヒロシの「ザ・パーキング銀座」

 ジュンは3月24日、銀座ソニービルの地下に、藤原ヒロシがディレクションするコンセプトストア「ザ・パーキング銀座」を関係者向けに公開した。地下2〜3階の2層構成で、地下2階は1970年代にオープンカフェの先駆けとして知られた「カフェ ド ロペ」と、ジュンが手掛ける「ボンジュール レコーズ」が入り、地下3階は駐車場をイメージした150坪の空間の中に4店の常設店と、1店の期間限定店が店舗を構える。

 地下3階には、藤原ヒロシが手掛けるスペース「ザ・パーキング」に加え、常設店として「ナイキ」「デニム バイ」「813」「リトゥ」が出店する。「デニム バイ」は「ヴァンキッシュ」と藤原ヒロシ率いる「フラグメント デザイン」が協業したラインで、「813」は「ダブルタップス」などを手掛ける西山徹が自身のブランドの商品や古着などをセレクトした店舗。「リトゥ」はフレグランスブランドだ。「ザ・パーキング」では、オリジナルおよびセレクトのウエアや「プエブコ」の雑貨を販売。ソニー創業70周年とソニービル開業50周年を記念してコラボした「SONY」や「BETAMAX」ロゴ入りのTシャツやスエットもラインアップする。また、期間限定店舗として5月22日まで、小木"POGGY"基史「ユナイテッドアローズ&サンズ」ディレクターが「ポギーズ ボックス」を開いている。"ファンク"をテーマに制作したウエアやステッカー、ピンバッジ、時計などをそろえるスペースだ。

 地下2階の「カフェ ド ロペ」では、銀座「ペリカン」の「バタートースト」(445円)や神田「エース」の「のりトースト」(389円)など、老舗喫茶店のメニューを導入。ブレンドやストレートコーヒー、「ドブロブニク風ナッツミルクティー」(695円)や「モロカン風ミントミルクティー」(695円)など、バラエティーに富んだドリンクと共に楽しむことができる。

【関連記事】
ジュンの新ショップ「ザ・パーキング銀座」 ディレクターに藤原ヒロシ

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら