ファッション

佐藤オオキデザインのハローキティがバレンタインアイテムになって登場

 サンリオが"メンズのためのハローキティ"をコンセプトにスタートしたプロジェクト「ハローキティメン」は1月13日から、バレンタインにオススメのメンズアイテムを販売する。

 レントゲン写真に見立てたハローキティのグラフィカルなモチーフは、デザインオフィスnendo(ネンド)の佐藤オオキ代表が手掛けたモノ。2014年10月号の雑誌「ペン」(阪急コミュニケーションズ刊)の"カワイイ ジャパン"特集の表紙としてデザインしたモチーフをTシャツ(3900円)やコイン&カードケース(2300円)、iPhoneケース(2300円)、トートバッグ(4800円)、ファイルケース(800円)などにプリントした。

 さらに、「ハローキティメン」のチョコレートやネクタイ、トランクスなども販売。渋谷109メンズ館では1月20日〜2月16日にまで期間限定のポップアップコーナーが登場。阪急メンズ大阪では1月13日にコラボレーションカフェがオープンし、商品は1月21日から2月14日まで販売する。さらに全国のサンリオショップでも1月21日から販売予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら