ファッション

佐藤オオキデザインのハローキティがバレンタインアイテムになって登場

 サンリオが"メンズのためのハローキティ"をコンセプトにスタートしたプロジェクト「ハローキティメン」は1月13日から、バレンタインにオススメのメンズアイテムを販売する。

 レントゲン写真に見立てたハローキティのグラフィカルなモチーフは、デザインオフィスnendo(ネンド)の佐藤オオキ代表が手掛けたモノ。2014年10月号の雑誌「ペン」(阪急コミュニケーションズ刊)の"カワイイ ジャパン"特集の表紙としてデザインしたモチーフをTシャツ(3900円)やコイン&カードケース(2300円)、iPhoneケース(2300円)、トートバッグ(4800円)、ファイルケース(800円)などにプリントした。

 さらに、「ハローキティメン」のチョコレートやネクタイ、トランクスなども販売。渋谷109メンズ館では1月20日〜2月16日にまで期間限定のポップアップコーナーが登場。阪急メンズ大阪では1月13日にコラボレーションカフェがオープンし、商品は1月21日から2月14日まで販売する。さらに全国のサンリオショップでも1月21日から販売予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら