ファッション

アレクシ・マビーユが「ディオール」ビンテージ品をオークションに

 アレクシ・マビーユ(ALEXIS MABILLE)が10月9日、自身が所有するディオールのビンテージ品をオークションにかける。マビーユはジョン・ガリアーノ前「ディオール」クリエイティブ・ディレクターの下で8年修行しており、100点のウエアとアクセサリーをリヨンにあるオークションハウスで売る予定だ。

 今回オークションにかけられる品の中には推定金額5000〜6000ユーロ(約66万5000〜79万8000円)のジャンフランコ・フェレが手掛けた1995-16年秋クチュール・コレクションのガウンや、2000-01年秋冬コレクションの新聞柄ジャケットなどがそろう。ウエアの他にも95年のランウエイで使用された赤毛のウィッグやロジェ・ヴィヴィエが手掛けた黒とラメのスティレットヒールも出品される。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら