ファッション

メルボ紳士服が服地販売事業スタート

 メルボ紳士服工業は、自社で開発した服地を販売するラシャ事業部を6月1日に立ち上げた。商社や素材メーカーと共同開発した同社の代表的オリジナル服地は、「ワールドトラベラー」や「グランド マーキー」。1999年にスタートしたビジネスウエアのセレクトショップ、麻布テーラーのオーダースーツなどで採用していた。また、今秋、フランスのドーメル社と提携したオリジナル服地「メヌエット」を販売する予定だ。同社は「麻布テーラーを軸に、川上から川下までのビジネスモデルを構築したい」と話した。ラシャ事業部の営業計画は、3年後、取引先200社、売上高25億円を目標にしている。今後は、服地の開発、直営・社外の縫製工場との取り組みにより、オーダーによる重衣料の生産から販売をパッケージとして事業化していく計画だ。現在、麻布テーラーを軸とした直営小売事業は、28店舗で、売上高50億円。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら