ファッション

「ダミアーニ」からロマノフ家の末裔、ニコレッタとのコラボジュエリーが誕生

 イタリアのジュエラー、「ダミアーニ(DAMIANI)」は、ロシア史上最後の王朝として約300年に渡りロシアを統治したロマノフ家の末裔、ニコレッタ・ロマノフとのコラボレーション コレクション"フィオッコ(蝶結び)"を6月1日から販売する。

 ニコレッタは、現在、ローマ在住で3人の子育ての傍ら女優・ファッションアイコンとして映画・TV・雑誌などで活躍中の37歳。ダミアーニ・ファミリーとの約2年に渡るデザインワークを経て、コラボレーション作品のローンチに至った。

 ロマノフ王朝の高貴さを想起させる華麗なる世界観にインスパイアされ、熟練職人の匠の技とダミアーニの個性的なデザインが融合して生まれたコレクションは、長年、ロマノフ家のシンボルとして親しまれてきた「蝶々」をモチーフに華やかなダイヤモンドをあしらったユーモラスでラグジュアリーなジュエリーだ。

 イタリア語で「蝶結び」を意味する「FIOCCO」は、ピンクゴールドまたはホワイトゴールドのリボンモチーフに、華やかなダイヤモンドをあしらった遊び心に溢れたデザインが特徴的。ネックレス、ピアス、リング、ブレスレットなど、アイテムのバリエーションも豊富だ。解けることのない絆を表す蝶結びのモチーフは、気品に満ちた女性らしさの象徴として長年ロマノフ家の人々に親しまれてきた。

 6月1日には、"フィオッコ"コレクションの発売を記念し、新宿タカシマヤ3階サロン ル シックに年末までのポップアップストアをオープンする。また、同店では、イタリア語で「キス」を意味する人気コレクション"バチ(BACI)"の新作ネックレスを先行発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら