ファッション

「ゾフ」路面3店舗目を自由が丘にオープン

 アイウエアブランド「ゾフ(ZOFF)」を手掛けるインターメスティックは、12月4日、直営路面店ゾフマート(ZOFF MART)を世田谷区自由が丘のグリーンストリート(九品仏川緑道)にオープンする。「ゾフ」の路面店は、下北沢、表参道に続く国内3店舗目だ。約100平方メートルの店舗は、"スーパーマーケット"と"ポップアート"がコンセプト。昨年12月、グローバル旗艦店としてオープンした中国のゾフ上海メトロシティ店のテーマを導入した。

 2日に行われた内覧会で、上野照博インターメスティック社長は、「誰でも気軽に入店でき、いつも新鮮な商品が揃っているスーパーマーケットをイメージし、ポップアートがある楽しい空間を表現した。『ゾフ』の新しい顔となるショップだ。今後は、このワクワク楽しいコンセプトにリニューアルしていきたい」と話した。

 インターメスティックの2014年12月期決算の売上高は前年比109.8%の172億円。「今期も増収増益の見込みだ」。店舗数は国内161、海外(中国)15。「来年は、中国以外のアジアに進出したい」と次の成長戦略を話した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら