ファッション

20坪のお店に47万着分の服!?セーレンが世界初の完全オーダーメードのお店

 セーレンは同社の本社(福井市)に、その場で47万通りのオーダーが可能なパーソナルオーダーアパレルのアンテナショップをオープンした。セーレンはテキスタイルとアパレルの生産システム「ビスコテックス」を活用し、オーダーを受けてから数km先の自社工場でテキスタイルの生産と裁断、縫製を行ない、最短で2週間で購入者の手元に届ける。単に生地を裁断するだけでなく、生地そのもののデザインと生産からスタートするアパレルのオーダーショップは世界初だ。川田達男セーレン代表取締役会長兼最高経営責任者は、「大手企業の染色業の下請けに過ぎなかった当社が、30年前にIT化、デジタル化、流通ダイレクト化という夢を掲げて『ビスコテックス』をスタートした。余計な在庫をまったく必要とせず、しかも誰もが欲しい服を作れるこの仕組は、ファッション産業の夢の仕組みだ」と語った。

 約20坪のショップには10数体のサンプルのみを置き、購入者はサンプルの試着に加え、店内のデジタルサイネージ上でのバーチャル試着も可能。現在は試験運用中で、ワンピース27型、30素材、それに膨大な数の柄や色を選び、発注する。価格は3万9000円、4万4000円、4万9000円の3パターンだが、今後アイテムや素材のバリエーションを拡充し、早ければ年度内に東京や大阪、名古屋への出店を行う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら