ファッション

英国ベルスタッフの日本法人設立

 

 ベルスタッフ・ジャパンが7月1日に設立された。出資は英国ベルスタッフ100%で、社長には多久和肇・元カルティエ=マーケティングシニアマネジャーが就任した。

 1924年に英国で生まれた「ベルスタッフ」は、モータースポーツの世界で広く知られている。ワックスドコットンによる撥水加工の技術や、 2ウエイファスナー、プリーツを施した膝の切り替えといった技術を生み出し、バイカージャケットやパンツの機能やデザインに採用。モータースポーツのプロや愛好家から支持されてきた。ハリウッド映画とのつながりも深い。

 英国ベルスタッフは、「ジミー チュウ」や「バリー」を有するJABホールディングの傘下で、2014年7月にギャビン・ヘイグ元リシュモンジャパン社長兼カルティエCEOが就任以降、ラグジュアリー・ブランドとしてリブランディングを進めている。メンズとウィメンズ、それぞれにデザイナーを立てて、ロンドンメンズでコレクションを発表。また、英国の直営店リニューアルやアアジア強化のための商品開発など、ショップ作りやMDでもテコ入れを図っている。

 日本ではカイタックインターナショナルの取り扱い終了後は、バイク専門店などが直輸入で販売してきた。今後は、ウィメンズを含むトータルアイテム提案を通じてブランドの世界観を訴求し、来春から首都圏百貨店インショップを中心に出店する。「歴史や技術に裏打ちされたもの作りを背景にした、引き出しが非常に多いブランドで、ビジネス再構築の可能性が高い。まずは世界観をしっかり伝えていきたい」と多久和社長。

「WWDジャパン」8月3日号から抜粋

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。