ニュース

中国の最大手ファッションECのCEOが断言!「来年は日本のファッションの年になる」 TGCと提携

 東京ガールズコレクション(TGC)と提携を発表した、中国のウィメンズ向けのファッションECで最大手の「明星衣?(ミンシンイーチュウ)」を運営するハイファッション・グループの林清華・最高経営責任者(CEO)が来日し、記者会見を行った。林CEOは、「中国では日本ブランドの人気は非常に高く、42億円を投じ、プロモーションをする。中国ではプロモーションが非常に重要で、日本人は驚くかもしれないが、中国では当たり前だ。全体では100億円をプロモーションに投じる」と語った。

 ハイファッション・グループの「ミンシンイーチュウ」は中国のファッションEC最大手で、2014年の流通額は400億円、2015年は800億円を計画している。同社はTGCが窓口になり、日本ブランド30〜50ブランドを集積した "日本館"を来年1月に開設。来年3月19日には東京の代々木体育館で開催する「TGC」を同サイト上で生放送する予定。また、中国でのTGC開催も共同で実施する予定だ。林CEOは「日本館ではアパレルからコスメ、雑貨までを扱いたい。アパレルの価格帯は春夏物で4000〜6000円、秋冬物で2万円くらいを想定している。TGCが窓口になることで、日本のカルチャー全体を紹介したい」という。

【関連記事】
TGCが中国大手ECと提携、1年目に42億円のプロモーションを実施予定

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら