ファッション

「ららぽーと海老名」が10月29日開業 コミュニティーエリア「エビセン」と夜も楽しめるフードコート、262店舗のテナントが入店

 三井不動産は10月29日、神奈川県海老名市に「ららぽーと海老名」を開業する。「Feel Urban, Feel Community」をコンセプトに、JR相模線、小田急小田原線、相模鉄道本線の3路線が乗り入れる海老名駅の駅前の特性を生かし、新たなコミュニティーの場を目指す。ファッションテナントが100店、雑貨とサービステナントが88店、キッズや育児のテナントが12店、スーパーマーケット・食物販が33店、レストラン&カフェ(フードコートを含む)が29店の全262店舗が入店する。

 目玉は、3〜4階の中央に配置するコミュニティーエリア「エビセン」だ。3階の「エビセン コアシス(EBISEN coasis)」は、東京おもちゃ美術館が監修した親子広場「ウッドエッグ 木育ひろば」をはじめ、親子で楽しめるイベントを開催するカフェ「アラウンド テーブル(AROUND TABLE)」や英語を学びながら運動ができる「マイ ジム(MY GYM)」など子育て世代のコミュニティーに向けた空間に仕上げた。4階は「エビセン フラット(EBISEN flatto)」は、本と雑貨を販売しイベントを開催するスペースを設けた「ボウル(BOWL)」やインテリアショップの「クラッシュゲート プラス(CRASH GATE PLUS)」旅行代理店の「H.I.S.」、トラベル・ビジネスバッグの「エース(ACE)」が店を構え、大人に向けて、発見や交流、くつろぎを提案する。

 "夜まで楽しめる"新たなスタイルのフードコート「エヴィーバ!(EVVIVA!)」を3階にオープン。自然光が差し込むテラスに30席を設ける他、吹き抜けスペースを設置。ランチだけでなく、ディナータイムの需用も考慮し、BGM、照明やデジタルサイネージなどで空間演出を行う。夏期にはビアホールやジャズの生演奏などのイベントも実施する予定だ。ラインアップは仙台の牛たんレストラン「仙臺 たんや利久」をはじめ、熟成明太子を使用した定食屋「博多めんたい やまや食堂」、小籠包の「京鼎樓小館」、アルコールを取り扱うカフェ&バー「エ・プロント(E PRONTO)」など。各店舗では、得意の食材を生かしたおつまみメニューを用意する。

■ららぽーと海老名
開業日:10月29日(木)
営業時間:物販・サービス10:00?21:00/レストラン11:00?23:00
延べ床面積:12万1000平方メートル
店舗面積:5万4000平方メートル
駐車場台数:約1800台
住所:神奈川県海老名市上郷字扇田622番1

【関連記事】
「ららぽーと海老名」が2015年秋に開業予定
「ららぽーと立川立飛」2015年秋開業 約240店舗入る
「ららぽーと和泉」を公開 子育てママ目線の設備とサービスを充実
万博公園の複合施設名称「エキスポシティ」に ららぽーとと7つのエンタメ施設で構成

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら