ビューティ

【2024年秋コスメ】「M・A・C」乾燥知らずのマットリップから秋の新色が登場 アイシャドウパレットの限定色も

「M・A・C」は8月9日、“マキシマル シルキー マット リップスティック”から新9色(各4620円)を発売する。深みのあるベリーカラーからチェリーレッド、汎用性の高いピンクベージュまで、秋冬向けのカラーをラインアップする。

同商品はオイルinマット処方で、乾燥知らずの付け心地が特徴。自然由来かつオーガニックのシアバターやココアバター、ココナッツオイルが唇に潤いを与え、滑らかな付け心地とフィット感をかなえる。また、鮮やかな発色が12時間持続(「M・A・C」調べ)。新たなパッケージには、再生プラスチックを約30%採用した。

同日、アイシャドウパレット“オータム コレクション アイシャドウ パレット”(限定2色、各6930円)を発売する。パープルやシルバーをセットした“スパークリング ベリー”は、ピンクベースの肌におすすめ。深くて暗い青みレッドの“マキシマル シルキー マット リップスティック シン”と合わせ、1920年代の白黒映画や黄金期のハリウッドからインスパイアされたクランベリーのようなメイクアップを提案する。一方でベージュ系をセットした“ニュートラル ベージュ”は、イエローベースの肌を引き立てる。ニュートラルなローズピンクの“マキシマル シルキー マット リップスティック カインダ セクシー”と合わせることで、甘いトフィーのような透け感メイクを楽しめる。

「M・A・C」は2024年秋冬のメイクアップトレンドについて、リップスティックが主役のメイクや、輝くパールスキン、目の下から縦にチークを入れる“クライング ブラッシュ”などに注目していると発表した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。