ファッション

「ディオール」の名香“ミス ディオール”展覧会リポート 貴重な初代作から日本初公開ドレスまで

ディオール(DIOR)」は6月16日から7月15日、六本木ミュージアムで「ミス ディオール展覧会 ある女性の物語」を開催する。メゾンを代表するフレグランス“ミスディオール”の誕生から今年発売の最新作まで、貴重なアーカイブと共に80年近くの歴史を辿る展覧会をリポートする。

“ミス ディオール”の誕生は1947年まで遡る。クリスチャン・ディオール(Christian Dior)が「愛のように香るフレグランスを」との願いを込め、自身初のコレクションのドレスの最後の仕上げとして制作した。今年5月にはフランシス・クルジャン(Francis Kurkdjian)=パフューム クリエイションディレクターが、その初代“ミス ディオール”を再解釈した新作“ミス ディオール パルファン”(35mL、1万3200円/50mL、1万8040円/80mL、2万3100円)を発売したことでも話題となった。本展覧会では、“ミス ディオール”の名前の由来となったディオールの妹カトリーヌ(Catherine)とのエピソードや、3代目クリエイティブ・ディレクターが1960年代に“ミス ディオール”と名付けて始動したプレタポルテ・コレクションなどを展示し、ビューティとファッションの両面から“ミスディオール”を纏う女性を描く。

巨大“ミス ディオール”がエントランスでお出迎え

入口では“ミス ディオール”のボトルを象った大きなオブジェが出迎える。一昨年、東京都現代美術館で開催した回顧展「クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ」展と同様に、建築家の重松象平が空間デザインを手掛けた。会場には、ムッシュ・ディオールが持っていたというクラシックレコードが流れる。

半世紀を超えるヘリテージが一堂に

“Miss Dior”のロゴから伸びる一本のリボンに沿って、現在までの歴史を紹介。散りばめられた窓の中にはドレスを模した創世記の“ミスディオール”のオパール型の香水瓶や、歴史を感じる初代の広告、千鳥格子のガラス瓶、ナタリー・ポートマンの広告などが並び、さまざまなストーリーを伝える。

世界限定150個の“ミスディオール”と“シルクの部屋”

フランスのビジュアルアーティスト、エヴァ・ジョスパン(Eva Jospin)とコラボレーションした、世界限定150個の“ミス ディオール パルファン”(200mL、167万2000円)を展示した空間は、インドの工房で熟練の職人と女性が手作業で施した刺しゅうで花々を描いた。ジョスパンとはマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)が手掛ける「ディオール」の2021-22年秋冬コレクションでも協働している。中央の“ミス ディオール”のボトルのリボンからトランクのボックスまで、花々の繊細な刺しゅうに溢れている。

香りに包まれ、クチュールドレスの中へ

ドレスのようなチュールに包まれたホールには、1949年に発表したドレスのレプリカを置いた。ドレスの周りには花のオブジェを設置し、ボタンを押すとクルジャン=パフューム クリエイションディレクターがセレクトした花々の香りが広がる。ディオールが愛したグラース産のジャスミンやチュベローズ、オレンジブロッサムが香り、プロジェクションマッピングが幻想的な空間を演出する。

ムッシュ・ディオールのひらめきに迫る

続くエリア“クチュール ボウ”ではピンクのリボンに招かれ、ムッシュ・ディオールのインスピレーション源を探っていく。実は当初、“ミスディオール”は“コロール”という商品名だった。しかしより良い名前はないかと考えていたディオールの元を訪れた妹のカトリーヌが「ほら、ミスディオールよ」と声を掛けられたことがきっかけとなり、現在の名前が決まった。カトリーヌはレジスタンス運動家でありながら、兄のディオールと花への愛情を共有。兄妹は花に人生を捧げようと切り花の販売などのビジネスを始めた。会場にはカトリーヌのポートレートや麦わら帽子などを展示し、親密だった2人の関係性を紹介する。ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリー(Grace Kelly)や女優の京マチ子の写真、ディオールによるデッサン画なども展示する。

日本初公開のプレタポルテの“ミスディオール”

1967年9月、「ディオール」は初のプレタポルテコレクションを“ミス ディオール”と銘打って発表した。マルク・ボアン(Marc Bohan)による“ミスディオール”は、女性たちの日常をエレガントに装うことをコンセプトに、フレッシュで若々しく日常に取り入れやすいスタイルを提案した。世界規模で展開し、「多様なスタイルで普遍的な女性らしさを称賛する、世界に開かれた先見的なメゾンの創設」というムッシュ・ディオールのビジョンを継承した。

和紙の海に浮かぶドレスと限定フレグランス

クチュリエになる前にはギャラリーオーナーを務めていたムッシュ・ディオール。コンテンポラリーアーティストの作品を扱い、ジャン・コクトー(Jean Cocteau)やマックス・ジャコブ(Max Jacob)ら芸術家や詩人とも親交があった。ファブリックの上に和紙を重ね日本をイメージしたエリアには、オランダ人デザイナーのサビーヌ・マルセリス(Sabine Marcelis)やビジュアルアーティストの荒神明香、日本戦後第3世代の代表的なアーティスト、江上越の作品をクチュールドレスと共に展示する。

ディオールの愛犬ボビーとたわむれる

ムッシュ・ディオールはオートクチュールコレクションで毎回、デザインの1つに愛犬ボビーの名前を付けていた。1952年のクリスマスコレクションでは、愛犬ボビーへのオマージュとして限定ボトル“J'appar tiens a Miss Dior(ご主人さまはミス ディオール)”を発表。最後のホールにはボビーを模したボトルの大きなオブジェを設置した。

ブティックや「ピエール エルメ」コラボカフェも

会場内ではフレグランスや書籍を販売する。新作の“ミス ディオール パルファン”やスティック状練り香水“ミスディオール ブルーミング ブーケ ミニ ミス”(7810円)などの人気フレグランスに加え、メイクアップやスキンケアも取り扱う。「ピエール・エルメ(PIERRE HERME)」とのコラボレーションカフェでは、“ミス ディオール”の世界観を表現したオリジナル マカロンや、花々や香りを彷彿とさせるシグネチャーデザートプレートを用意し、展覧会の後の余韻を楽しめる。

イベント概要

■ミス ディオール展覧会 ある女性の物語
日程:6月16日〜7月15日
時間:10:00〜21:00(最終入場20:00)
場所:六本木ミュージアム
住所:東京都港区六本木 5-6-20
※事前予約制・⼊場無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。