ファッション

「キャサリン・イー・ハムネット」がはるやまでスーツコレクションを発売 ブランドディレクターに橋本淳氏を迎え

イギリスデザイナーのキャサリン・ハムネット(Katharine Hamnett)がエシカルブランドとして発表した「キャサリン・イー・ハムネット(KATHARINE E HAMNETT)」は3月2日、スーツを基点としたコレクションを全国のはるやま店舗およびはるやまオンラインショップで発売する。

今回、「キャサリン・イー・ハムネット」は時代にそってアップデートしたブリティッシュスタイルで再展開し、新しくブランドディレクターに雑誌「LEON」(主婦と生活社)で敏腕クリエーターと評され実績を積み重ねてきた橋本淳氏を迎えた。

ライフスタイルが多様化する中でパーソナリティーを後押しし、おしゃれさだけではなくサステナブルファッションに対するリアリティーも追求した新生「キャサリン・イー・ハムネット」の“E”には、パーソナリティーを後押しする“Enhance”(高める)、“Empower”(自信を持たせる)、 サステナブルな地球を目指す“Environment”(環境)、“Ethical”(倫理)の4つの単語の意味が込められている。

同スーツコレクションは、英国の伝統を長調するロイヤル・ブルーを基調とし、同時に日本の伝統色藍色を意識し、伝統のアップデートの象徴としてデザインを取り入れた。またスーツはビジネスでもカジュアルでも着用できる仕様だという。サスティナブルな素材も使用することで、環境に配慮した商品になっている。例えば“ウォッシャブル2ピーススーツ(5万8300円)にはウール素材にトレーサビリティーを確保した“オーセンティコ・サスティナブルウール”を使用するなどだ。

スーツコレクションのほかにバッグやニット素材シャツ、靴、ネクタイを取り扱う。また3月中旬からはセットアップ・スーツやパンツ、ポロシャツ、Tシャツ、ベルトを販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。