ニュース

コスメキッチンが米国発オーガニックコスメ「フィグアンドヤロウ」発売

 マッシュビューティーラボは4月1日、米国コロラド州発のオーガニックコスメ「フィグアンドヤロウ」を阪急うめだコスメキッチン リュクス店で先行販売した後、都内5店舗程度で展開する。

 「フィグアンドヤロウ」は、2011年に誕生。ファッションデザイナーとして活躍していたブランディ・モニークが創設した。モニークは、幼少時から植物に囲まれて育ち、植物療法を学んでいたことから、オーガニックコスメ業界に携わるようになった。植物の力を最大限にいかしながら、女性に必要な官能(フィグ)と癒し(ヤロウ)を提供する商品を展開する。使用する原料は、オーガニックかワイルドクラフトの植物のみを使用。製造過程も環境に配慮し、全商品をハンドメイドで少量ずつ生産している。

 ラインアップは、フェイスとボディ、ヘアと多彩で、日本でも全17アイテムを扱う。パワーアイテムは、「フェイシャルオイルセラム」(15mL、6000円)でローズヒップやオリーブなど9種のオイルをブレンドし、ハリと輝きのある肌に導くエイジングケア商品となる。その他、コーヒーパウダーを配合した「ボディスクラブ(カルダモン&コーヒー)」(128g、3400円)、「ヘア&スカルプトニック」(120mL、6000円)などをそろえる。

 シンプルなパッケージもポイントで、「ファッション感度の高い人から支持を受けるだろう」(小木充マッシュビューティーラボ副社長)と期待を寄せる。

■「フィグアンドヤロウ」フェイス・ボディ・ヘアケア
価格:1460〜7800円
発売日:2015年4月1日

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら