ビューティ

ポーラ「ホワイトショット」の美容液が3年ぶりに刷新 ピンクの装いで“美白と美肌”にアプローチ

美白ブランド「ホワイトショット(WHITESHOT)」は2024年2月1日、真皮に落ちるメラニンに着目した「美白も美肌も目指す」全顔用美容液“ホワイトショット フェイシャルセラム”(25mL、1万6500円/リフィル25mL、1万5400円/ラージリフィル50mL、2万7500円)を発売する。日本の発売を皮切りに、中国大陸、香港、台湾、マカオ、タイランド、シンガポール、マレーシア、韓国、ベトナム、インドネシアの10の国と地域、オーストラリアの免税店で順次販売する。初年度の売り上げ目標は18億円を目指す。

“ホワイトショット フェイシャルセラム”は、21年に発売した“ホワイトショット CXS”をリニューアルしたもの。同社は業界で初めて、真皮に落ちたメラニンが肌を暗く見せていたことを発見。そこで、シミの下となるメラニンの発生そのものに「鍵をかけるように」働く美白有効成分ルシノールがシミの発生源まで届くことをサポートする「MPナノカプセル」を含む4つの浸透カプセルを配合した新処方を採用した。

さらに、肌荒れを防ぐ有効成分グリチルリチン酸2Kの3種の有効成分や同社オリジナル複合保湿成分のMPクリアリキッドを新たに配合した。水のような感触で、後に使うアイテムやメイクを邪魔しないテクスチャーが特徴。メラニンの生成を抑えてシミやソバカス、肌荒れを防ぐほか、紫外線によるダメージをケアし日焼け後のほてりを防ぐ。さらに、乾燥してくすんだ印象の肌に潤いを与え、艶のある柔らかな肌に整える。

パッケージデザインは、新たにピンクを採用した。虹の中で色が1番離れている赤色と青色を重ねるとピンクが“突如”出現することから、容器には「想定外の着眼で発見を生むブランドの姿勢を表現した」(水野愛理「ホワイトショット」プロダクトリーダー)という。古代ギリシアの発明者であるアルキメデスが叫んだとされる言葉で、発見や発明を喜ぶ時に使われる「エウレカ!」にちなみ、同商品のピンクを「エウレカ!ピンク」と名付けた。箱には、虹の7色をあしらった新たなロゴデザインを配置した。

「ホワイトショット」は、集中美白ケア美容液“ホワイトショット SXS N”や日焼け止めクリーム“ホワイトショット スキンプロテクター D”が新規客との接点を創出。「マルチに使える」という全顔用の“ホワイトショット フェイシャルセラム”で幅広い顧客層の獲得を目指す。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。