ファッション

「エシカルはブランドのDNA」 NY発の「ローレン マヌーギアン」が渋谷で企画展

ニューヨーク・ブルックリンを拠点とするニットウエアブランド「ローレン マヌーギアン(LAUREN MANOOGIAN)」は、東京・渋谷のセレクトショップN idで初の企画展を11月12日まで開催中だ。

同ブランドは、デザイナーのローレン・マヌーギアンが旅で訪れたペルーのモノ作りに感銘を受けて2008年に立ち上げた。現在はパートナーのクリス・ファイヤオブド(Chris Fireoved)と共に運営する。ペルーの厳選した工房と連携しトレーサビリティーを担保したモノ作りを徹底する。無染色のアルパカ素材を用いたニットウエアを主力商品とし、アルパカを使用したシューズ(7万2600円)やフェルト生地のフリンジストール(8万1400円)といった小物までをそろえる。特殊な編み方でランダムにホールを配したプルオーバー(19万8000円)や、肩周りはシームレスにすることで着心地に配慮したダブルフェースのロングコート(15万6200円)など、デザインはミニマルながら手仕事を感じさせる豊かな表情が特徴だ。日本ではN idはじめ、ベイクルーズグループの「アパルトモン(L’APPARTMENT)」やトゥモローランドの「ギャルリー・ヴィー(GALERIE VIE)」などで取り扱う。

企画展開催に合わせ来日したマヌーギアンとファイヤオブドは、「私たちはモノ作りの工程もデザインの一部と考える。今はエシカルやサステナビリティという言葉が使われるが、私たちは自分たちの作りたいものを突き詰めた結果たどり着いたのが今の形であり、ブランドのDNAとしてそういう考え方を持っている。日本の顧客は、クラフトマンシップにすごく敏感で、私たちが大事にしているスタイルを上手に解釈してくれるのでありがたい。この企画展でブランドの世界観をより体感してほしい」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。