ファッション

フェスファッションにも春到来の「ポップスプリング」初開催

 ポップミュージックにフォーカスした国内最大級の春の音楽フェス「ポップスプリング(POPSPRING)」が4月2日、千葉県千葉市の幕張メッセで開催された。ヘッドライナーに迎えた米アカペラグループのペンタトニックス(PENTATONIX)やガールズアイコンのカーリー・レイ・ジェプセン(CARLY RAE JEPSEN)、フォクシーズ(FOXES)ら7組の洋楽アーティストと6組の国内DJが登場した。ハリー杉山やけみおらも来場し、主催者発表1万人がフェスを楽しんだ。

 来場者のファッションは、春の到来を感じさせる薄手の装いが多い。特に目立ったアイテムはクラッシュデニムで、細かくスクラッチの入ったものから大胆な切りっぱなしで素肌を見せる着こなしまで幅広く取り入れられていた。シャツやジャケットでのデニム着用も見られるなど、チェック柄と合わせたアメカジ・スタイルが好まれていた。スナップ撮影した来場者の声からは、ファッション・アイコンとして今日も出演したカーリー・レイ・ジェプセンやテイラー・スウィフト(TAYLOR SWIFT)、今夏来日するセレーナ・ゴメス(SELENA GOMEZ)ら現代ポップシーンをけん引する女性アーティストの名前が多く挙がった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら