ニュース

菅田将暉の全てを詰め込んだ初のアーティストブックが登場

 ワニブックスは、若手イケメン俳優・菅田将暉(すだ まさき)の初のアーティストブック「20+1(にじゅう ぷらす いち)」を発売した。

 菅田将暉は、ドラマ「泣くな、はらちゃん」(日本テレビ)、「35歳の高校生」(日本テレビ)などに出演後、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で朝ドラに初出演。映画「そこのみにて光輝く」(4月公開)、「チョコリエッタ」(夏公開予定)と、出演作の公開が多数控えている若手のホープだ。

 同書には、菅田将暉が変幻自在にさまざまな人物に扮する撮り下ろしや、地元・大阪でのナチュラルな姿を綴った写真、本人自らが撮影した写真などを収録。他、私服の公開、人間像に迫るロングインタビュー、幼なじみや同級生との爆笑トークなども織り交ぜている。まさに、菅田将暉の全てを詰め込んだ1冊になっている。

 さらに、付録としてスペシャルDVD(60 分)も封入。昨年行なわれた20歳の誕生日イベント「DASUU LAND 2013」の模様を独占収録している他、最初で最後!?の弾き語り姿まで見ることができる。

この「20+1」の発行で、ますます注目を浴びそうな菅田将暉。肌もきれいなので、今後はメンズビューティ界も騒がせそうだ。

■ワニブックス「20+1(にじゅう ぷらす いち)」

価格:2940円(DVD付き)
撮影:浦田大作、鈴木さゆり、京介

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら