ファッション

現“在”美術家で「DOMMUNE」主宰の宇川直宏が展覧会 1万時間超えの番組アーカイブ紹介

現“在”美術家で「DOMMUNE」を主宰する宇川直宏が「宇川直宏展|FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE」を9月10日から11月5日まで練馬区立美術館で開催する。

本店は12度目となる「DOMMUNE」展。アーティストとしての宇川直宏自身にフォーカスし、13年間に渡ってアーカイヴされた1万時間を超える「DOMMUNE」の膨大な番組アーカイブを紹介するとともに、Rhizomatiksとのコラボにより、それらの映像を素材として、絵画や立体作品など他のメディアに拡張・変換・創造し、“描く”という行為の歴史的なアップデートを図る。

アーカイブのさまざまな可能性を探るとともに、近年広く普及し始めたジェネレーティブAIによる画像生成にも着目し、描くとは何か、今世紀的な作家性や作品のあり方とは何か、もしくはそこから創出される価値とは何かなど、“近代・現代・現在美術”を新たに捉え直すプロジェクトとなる。

会期中には練馬区立美術館の中にサテライトスタジオを開設し、ライブストリーミングを行い、さらなる情報の蓄積を目にしながら番組に参加することが可能だ。

宇川直宏は、1980年代末より映像作家、グラフィックデザイナー、VJ、文筆家、キュレーターなど多岐にわたる活動を展開するアーティスト。1990年代より活動の舞台を現代アートにも拡張し、国内外でさまざまな作品を発表してきた。2010年には世界に先駆けてライブストリーミング・チャンネル「DOMMUNE(ドミューン)」を開局し、毎夜、多種多様なトーク、DJプレイ、ライブやトークセッション等を世界に配信し、国内外の先端的なアートシーンに大きな影響を与えている。宇川はスタジオで日々産み出される番組の、撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの“現在美術表現”と位置づけている。また宇川は日夜配信を続けることを、テレビやラジオや新聞や雑誌、またインターネット等様々な”現代メディア”の盛衰に対し、オルタナティブの側からセラピーを行っている感覚であるとも言う。

■「宇川直宏展|FINAL MEDIA THERAPIST @DOMMUNE」AT 練馬区立美術館
会期:2023年9月10日~11月5日
会場:練馬区立美術館住所:東京都練馬区貫井1-36-16
休日:月曜日(ただし、9月18日、10月9日は開館、翌9月19日、10月10日は休館)
時間:10:00~18:00 ※入館は17:30まで
料金:一般 ¥1,000、高校・大学生および65~74歳 ¥800、中学生以下および75歳以上無料、障害者(一般)¥500、障害者(高校・大学生)¥400、団体(一般)¥800、団体(高校・大学生)¥700円、ぐるっとパスご利用の方¥500(年齢などによる割引の適用外になります)
※一般以外のチケットをお買い求めの際は、証明できるものをご提示ください。(健康保険証・運転免許証・障害者手帳など)
※障害がある方の付き添いでお越しの場合、1名までは障害者料金でご観覧いただけます。
※団体料金は、20人以上の観覧で適用となります。
※当館は事前予約制ではありません。当日、チケットカウンターでチケットをお求めください。
https://www.neribun.or.jp/museum.html


元記事を読む

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。