ファッション

アナ・スイやザック・ポーゼンらが来場 「ビーツ バイ ドクター ドレ」がエドワード・エニンフルの映画上映会を開催

 米オーディオ機器ブランド「ビーツ バイ ドクター ドレ(BEATS BY DR. DRE)」は1月29日(現地時間)、ファッション・ディレクターやスタイリストとして世界的に活躍するエニンフルの25年にわたるキャリアを称えた映画「セブン・デットリー・シンズ・オブ・エドワード・エニンフル」を製作した。ルネッサンス・ニューヨーク・タイムズスクエア・ホテルで開催されたプレミアム上映会では、アナ・スイやザック・ポーゼンをはじめとした多くのセレブが来場。「ビーツ バイ ドクター ドレ」の製品を着用しての鑑賞となった。

 エドワード・エニンフルは、ガーナ生まれのスタイリスト。16歳でモデルデビューし、18歳でイギリスの雑誌「iDマガジン」のファッション・ディレクターに就任。エニンフルの携わった代表作には、伊「 ヴォーグ」で過去最高の売り上げを記録した黒人モデルのみが起用された「オール・ブラック」がある。

【主な来場者】アナ・スイ(Anna Sui) / シャーロット・ナイト(Charlotte Knight) / エリック・ラザフォード(Eric Rutherford) / ジョバンナ・バッタリア(Giovanna Battaglia) / グレース・コディントン(Grace Coddington) / イネス&ヴィノード(Inez and Vinoodh) / ジェニファー・フィッシャー(Jennifer Fisher) / マリア・ボルゴ(Maria Borges) / マリアカルラ・ボスコーノ(Mariacarla Boscono) / ミーシャ・ノヌー(Misha Nonoo) / モリー・ブレア(Molly Blair) / アール・ジェー・キング(RJ King) / ステファノ・トンキ(Stefano Tonchi) / タリ・レノックス(Tali Lennox) / タイソン・ベックフォード(Tyson Beckford) / ウェス・ゴードン(Wes Gordon) / ザック・ポーゼン(Zac Posen)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。