紙面紹介

2023-24年秋冬コレクションVol.1 ミラノ、ロンドン、ニューヨークを総括

 「WWDJAPAN」3月13日号は、2023-24年秋冬コレクション特集の第一弾です。デザイナーの世代交代で若返るミラノを中心に、ダニエル・リー(Daniel Lee)による新生「バーバリー(BURBERRY)」のコレクションがデビューしたロンドン、「トム ブラウン(THOM BROWNE)」「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」などの主要ブランドが復活したニューヨークについて振り返ります。

 ミラノは多くのブランドが確固たるルーツと、継承してきた職人技を重んじ、その上にフレッシュなデザイナーの才能を加えることで新しい価値を生み出そうとしています。「WWDJAPAN」は取材歴20年のベテラン記者と、今回初参加したZ世代記者が取材を担当し、2人の目に映ったミラノの魅力と今季のポイントを掘り下げました。キーワードは、クラフツマンシップを生かした官能性の更新です。ノードストローム(NORDSTROM)やニーマン・マーカス(NEIMAN MARCUS)などの海外有力店バイヤーによるコレクション評も掲載します。

 裏表紙の「ファッション&ビューティ パトロール」のコーナーでは、ミラノでも過熱したアジア系セレブのパパラッチの様子をお届け。「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」に来場したBTSのRM、「グッチ(GUCCI)」でマルコ・ビッザーリ(Marco Bizzarri)=グッチ社長兼最高経営責任者(CEO)とのツーショットが実現したK-POPガールズグループのニュージーンズ(NewJeans)のハニ(Hanni)らのSNS上での反響を分析しました。

BOTTEGA VENETA
DESIGN:JIRO FUKUDA

CONTENTS

FEATURE

  • 2023-24年秋冬ミラノコレクション 職人技が支える新時代の官能性
  • ロンドン最大のニュースは新生「バーバリー」
  • “NYの顔”の復活と若手の台頭で活況を取り戻す

SERIES

  • OVERSEAS NEWS 米「WWD」の翻訳記事をまとめてお届け!:2023-24年秋冬ミラノコレ 海外有力店バイヤーはどう見る?
  • 新連載:Makuakeキュレーター直伝!生活者から共感(応援)を得るコミュニケーション:Vol.1 シヤチハタの事例 コスメのように“心ときめく”コピー&ビジュアル徹底
  • 齊藤孝浩の「ファッション業界のミカタ」:Vol.47 3年で売上高を1.5倍、利益を1.8倍に増やしたLVMHの無双ぶり
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.112 ビューティの新境地を開くマツキヨのPB戦略を読み解く(弓気田みずほ/ユジェット代表・美容コーディネーター)

EDITOR’S LETTER

  • 海外に行くと気になるブランド

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:コレクション取材について先輩に質問!

FASHION&BEAUTY PATROL

  • まだまだ続くK-POPフィーバー アジアスターを追いかけてミラノ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。