ファッション

【スナップ】最旬ヘアアレンジのヒントを116枚の写真から探る タイトヘアや三つ編みヘアピンなど

 2022年は、フィジカルなイベントに活気が戻ってきた。「WWDJAPAN」では、国内外のフェスやショーで来場者スナップを実施。今回は、下半期に撮影した中から国内外のヘアトレンドを読み解く。

装いが際立つタイトなヘア

 今年は、さまざまなイベントでタイトなシルエットのヘアスタイルが人気だった。コンパクトなヘアに対し、ボリュームのあるウエアを合わせてメリハリをつけたスタイルが多かった。中でも、長い髪を後ろで束ねたり、スタイリング剤でハードに固めたオールバックだったり、顔まわりをすっきりと見せるベリーショート、ショートバングが目立った。

華やかなボリュームヘア

 一方で、ナチュラルなパーマやブレイズ、ドレッドなどでボリュームを加えたヘアも一部で支持を集めた。ウエアもオーバーサイズのものを選ぶのが上級者のテクニックだ。レイヤーを入れて動きを出したグランジ風のスタイルも見られた。

目を引くヘアアレンジ

 ほかにも、懐かしの三つ編みやお団子、ヘアピンを取り入れたアレンジも現代的に進化。ポイントを加える位置や数、大きさなどによってそれぞれの個性をヘアで自由に表現していた。バラクラバや耳付きのニット帽子、スカーフなどの小物で顔まわりを飾ったスタイルも見られた。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。