紙面紹介

発掘せよ!地方に眠るビジネスチャンス

 「WWDJAPAN」11月21日号の特集は「発掘!地方に眠るビジネスチャンス」。ファッション&ビューティ企業のローカルビジネスに焦点を当てます。

 コロナ禍を経て、ローカル消費ににわかにスポットライトが当たっています。アパレル業界には、これを好機に新しいビジネスチャンスを見出している企業が増えています。地域のニッチなカルチャーを発掘したり、店舗に地元のアーティストを呼んでライブをしたり。本特集では、無印良品やビームス、デイトナ・インターナショナルなどアパレル企業のさまざまなローカルビジネスの現在地を紹介します。

 成功事例に共通するのは「商品を作って、売って、もうける」という従来的な思考からは離れていること。これまでとはローカルとの向き合い方を根本から変え、その土地の文化を自ら発掘し、発信者となる意識が必要です。重要になるのは、それぞれの地域に深く根ざす店舗スタッフのアイデアです。

 ビューティー業界に目を向けると、すでに企業、行政、住民が三位一体となってエリアの魅力創出へ好循環を作り出している事例があります。その先進事例として、佐賀県の取り組みを紹介します。

 そのほかの見どころは、急成長を続ける中国企業運営のグローバルSPAブランド「シーイン(SHEIN)」の労働環境についての翻訳記事。スイスの人権団体が「違法」を報告した同社の現場に米国版記者が迫ります。米投資ファンドのベインキャピタルに株式を2000億円で売却したマッシュホールディングスの近藤社長には、同社の3〜5年後の上場に向けたシナリオを聞きました。

CONTENTS

FEATURE

  • 発掘!地方に眠るビジネスチャンス

FOCUS

  • マッシュHDが米投資ファンドに株式を2000億円で売却 近藤社長が描く3〜5年後上場のシナリオ
  • 渋谷109が発表、「トレンド大賞2022」 トレンドワードから読み解く「Z世代の心」

SERIES

  • OVERSEAS NEWS 米「WWD」の翻訳記事をまとめてお届け!:スイスの人権団体が「違法」と報告 話題の「シーイン」、労働環境の実態は?
  • 齊藤孝浩のファッション業界のミカタ:Vol.43 国内ユニクロ事業の課題を読み解く
  • Makuakeが寄り添った応援されるブランドへの挑戦:Vol.11 進化を続ける老舗デニム生地メーカーの新商品開発
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.99 地域特性に対応した販売の再構築は急務(佐藤和佳子/三菱UFJモルガン・スタンレー証券シニアアナリスト)
  • ビルダーズ安田代表の見果てぬ街づくり:Vol.11 スペインの魅力的な街から学べること

EDITOR’S LETTER

  • 「アンサー記事」って何?(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:まちづくりへの理想的な参加とは?(本橋涼介/記者、美濃島匡/記者、新関瑠里/記者)

FASHION&BEAUTY PATROL

  • W杯日本代表応援企画第2弾! 近年のW杯をイケメン・イケ髪選手で振り返る

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。