紙面紹介

販売員特集2022 「この人から買いたい!」と思わせる接客の極意

 11月7日発売の「WWDJAPAN」は毎年恒例の販売員特集です。コロナ禍による制限下の2年間を経て、街にも店にも人が戻ってきました。逆風が吹き荒れた接客販売業でしたが、そこをサバイブし、「それでも接客が好き」という思いの強い人が多いのでしょう。今年は特に思う存分スキルを発揮し、接客を楽しんでいる空気が記事から伝わってきます。

 8月に開かれた“日本一の令和のカリスマ販売員”を決めるコンテスト「スタッフオブザイヤー2022」でグランプリを獲得したビームス(BEAMS)の女性は、店頭とオンラインの両方で活躍。洋服を着ることの楽しさを伝導しています。「ルナソル(LUNASOL)」カウンセリング部門で最優秀賞を取った女性は、楽しい時間を提供するための心掛けを披露。「この人から買いたい!」と思わせる魅力にあふれています。

 ほかにも「カキモトアームズ」でさまざまな製品の中から客の髪・頭皮に最適なアイテムをセレクトし、ケア方法などをアドバイスするビューティアドバイザーや、香水「フエギア 1833」六本木店では人生の背中を押すことを意識した香り選びのエキスパートなど、さまざまなジャンルで接客するサービスパーソン16人が、その極意や仕事の魅力を明かします。

 今回は「ウィゴー(WEGO)」「パブリック トウキョウ(PUBLIC TOKYO)」「ジェラート ピケ(GELATO PIQUE)」の店長座談会も実施。スタッフの育成や顧客とのコミュニケーションなどについて、それぞれがどう取り組んでいるのかを語り合ってもらいました。

 ミニ特集では復活してきたインバウンド消費の実態に迫ります。表参道と銀座で外国人観光客に突撃取材。買ったものを見せてもらいました。またGR8や渋谷109にもインバウンド動向を聞きました。また、3ラインを1本化した「ゼニア(ZEGNA)」のリブランディングについて、アレッサンドロ・サルトリ(Alessandro Sartori)=アーティスティック・ディレクターにインタビューしました。

 米「WWD」からの翻訳記事ではX世代のビューティ消費の動向をフィーチャー。本明秀分アトモスCEOによる好評連載「スニーカーズライフ」ではカニエ・ウエスト(イェ)と「アディダス(ADIDAS)」の決別とコラボブランド「イージー(YEEZY)」についての見解が述べられています。最終面のファッション&ビューティパトロールは業界のサッカー好きが今回のワールドカップで注目の選手と結果予測を公開します。

CONTENTS

FEATURE

  • 販売員特集2022 「この人から買いたい!」と思わせる接客の極意

FOCUS

  • 戻ってきた外国人観光客は何を買う?
  • 3ライン統合でクリエイションはどう変わる? 新生「ゼニア」は成功するのか

SERIES

  • OVERSEAS NEWS 米「WWD」の翻訳記事をまとめてお届け!:今こそ目を向けるべきはX世代! 中年女性のビューティ消費における可能性
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.98 日本が、やがて香水砂漠ではなくなる理由(矢野貴久子/アイスタイル「BeautyTech.jp」編集長)
  • アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.110 YEEZY

EDITOR’S LETTER

  • 最近よく聞く「アティチュード」のハナシ(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:過渡期にある販売員のSNS(小田島千春/副編集長、澤田まり子/記者)

FASHION&BEAUTY PATROL

  • サッカー好き業界人が大予想! カタールW杯の優勝国と日本に行末はどうなる!?

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。