ビューティ

秋冬に欠かせない「オイル美容」 注目5品の売れ行きをリサーチ

 乾燥が気になる季節に、プラスしたいオイル美容液。スキンケアの仕上げだけではなく、洗顔後のブースターやオイルパック、ヒジやヒザのパーツケアとして使えるタイプも続々と誕生している。今回は、クレンジングからマルチユースの美容液まで、人気製品の売れ行きをリサーチした。

 「イミュノ(IMMUNO)」“アドバンスド エッセンスオイル WH ”[医薬部外品]は、天然由来成分99%の美白ケアに特化したオイル。美白有効成分である油溶性ビタミンC誘導体と、カムカム、ローズヒップ、アセロラ、トマトなど赤い色をした天然植物由来成分を配合する。高桑昌子プレミアアンチエイジングPRは「先行型オイル美容液シリーズの通販の売り上げとなるが、22年4~8月の5か月間と、21年11月~22年3月の5か月間を比較すると89%増の伸長となった」と明かす。

 「セルヴォーク(CELVOKE)」“カームブライトニング クレンジングオイル”は、天然由来成分100%、ヒエヌカをはじめとする贅沢な植物美容オイルを87%配合し、洗うだけでなく保湿する感覚で使えるクレンジングオイル。ヒエヌカオイルは、岩手県花巻の有効活用されていなかったヒエのヌカから抽出されたアップサイクルな原料だ。石井亜希セルヴォークPRは「9月2日に販売を開始し、6日目で1か月の販売予定数を達成した。12月には2層式のオイル美容液も発売予定をしていてクレンジングオイルに続き、売り上げをけん引するアイテムに育成する」と話す。

 「シロ(SHIRO)」“オイルコレクション カレンデュラオイル”は、兵庫県淡路島廣田農園の農薬を使わずに育てられた食用カレンデュラから抽出した。カレンデュラは乾燥肌、混合肌、敏感肌と幅広いスキンタイプに使えると支持されている。シロPR担当は、「オイルコレクションシリーズが登場した22年1月は、オイルコレクションの売り上げが『シロ』のオイルを使用したスキンケア全体の77%を占めた。フェイス用オイルで一番人気は “オイルコレクション カレンデュラオイル”(30mL、税込8002円)。フェイスだけでなくボディーにも使用できる“オイルコレクション ヨモギオイル”(50mL、税込1万136円)も人気が高く、摩擦、乾燥などによって起こる肌トラブルなどをケアし、デリケートな膣周りの保湿にも使えると支持されている」と話す。

 「ネオナチュラル(NEO NATURAL)」“ボタニックセバムオイル”は、皮膚常在菌群「肌フローラ」に着目して開発されたオーガニックで野生種99%以上のマルチオイルだ。利島産野生種の椿オイル、 マカデミアナッツオイル、アルガンオイルをベースに、ムラサキ根エキス、アスタキサンチンを配合し色鮮やかにアップグレード。スキンケアの中でも、ブースター、フィニッシング、マッサージなど、さまざまな用途に使える。高柳ゆき子ネオナチュラルプレスは「9月下旬にウェブで先行リニューアル販売を開始し、23年の売り上げ目標は年6000本、2100万円を想定している。累計販売数12万本を記録した人気オイルで、100%自然由来成分という点も支持されている。肌の基礎づくりからマッサージ、ブースターオイル、フィニッシュオイルとしても使える」とコメント。

 「ラブ パスポート ミラ(LOVE PASSPORT MILA)」は、オンライン上で「好みの香り」や「使いたいシーン」といった質問に回答すると、ユーザーの嗜好に合わせたオードトワレ(7.5mL)と、ヘア&ボディオイル(40mL)のセットが毎月届くサブスクリプションサービスだ。オイルは8種類のナチュラルオイルをブレンドし、オードトワレとレイヤードしやすい香調で、おだやかな香り立ちも特長。「診断数は、累計で約3万件(9月30日時点)となった。目標は初年度10万件を目指していたため、好調な滑り出しだ」と、杉浦美咲スパーティ広報は話す。

 香水だけでなくオイルをセットにした理由については「コロナ禍で、香りを楽しむシーンは外出時だけでなくおうち時間にも広まった。オードトワレより、さらに優しく香るヘア&ボディーオイルをセットにすることで、単品使いやレイヤードの幅を楽しんでいただき、誰もが自分にぴったりのフレグランス&オイルでより自分らしく過ごせる毎日を提供したい」。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。