ビューティ

シャンプー部門は“オージュア リペアリティ”が前回より票を伸ばし連覇! 「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師152人に、各カテゴリーで「2021年下半期~22年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 シャンプー部門ではミルボンの人気ブランド、「オージュア(AUJUA)」の“リペアリティ シャンプー”が1位を獲得した。同製品は前回のアワードで初登場1位を獲得しており、今回は前回を上回る得票数で連覇した。シャンプー部門では、2年前まで「オージュア」の“イミュライズ シャンプー”が5連覇を達成しており、同ブランドはこれで7年間、シャンプー部門で首位の座を譲っていないことになる。“リペアリティ シャンプー”が何連覇を達成するかが、今後の注目ポイントの1つとなった。
2位は、「ケラスターゼ(KERASTASE)」の“クロマアブソリュ バンリッシュ クロマプロテクト”。3月に登場した新シリーズ“クロマアブソリュ”のシャンプーで、カラーリングによる髪ダメージや色落ちをケアして、ヘアカラーが映える美しい髪に導く。「ケラスターゼ」はここ数年、ハイトーンカラー施術に対応したケアシリーズが充実しており、新製品が着実にランクインしている。3位は、前回同様「イーラル(ERAL)」の“スカルプシャンプー”が受賞。取り扱いサロンを厳選しての展開ゆえに、売り上げが飛躍して伸びることはないが、ハイクラスシャンプーとして安定した人気を誇っている。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

  なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を12部門に分類し、50軒の美容師152人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

シャンプー部門

1位 “リペアリティ シャンプー”

「オージュア」

 ブリーチにより髪から抜けたタンパク質だけでなく、髪に残ったタンパク質の両方をケアすることで髪本来の美しさに導く“リペアリティ”ライン。絡まり防止成分(コンディショニング成分のポリクオタニウム-10)を最適なバランスで配合し、指通りが良く滑らかな洗い心地でブリーチカラー毛を美しく洗い上げる。アンケートの回答には、「お客さまの方から “気になる製品”として名前が挙がるケースが増えた」「髪が柔らかく見える、トレンドの質感に仕上げてくれる」といった声があった。(250mL、税込3850円)

2位 “クロマアブソリュ バンリッシュ クロマプロテクト”

「ケラスターゼ」

 日水道水の塩素や紫外線、摩擦などの外的要因のほか、髪内部の空洞化やキューティクルの開きに起因する乾燥など、カラーリングによりセンシティブになった髪を取り巻くダメージ要因に着目。髪の内側からダメージをケアし、ヘアカラーの褪色をおだやかにするとともに、高い保湿力でしっとりとまとまる髪に仕上げる。アンケートの回答には、「お客さまから『使い始めたら明らかに褪色のスピードが変わった』などの感想をもらう」といった声があった。(250mL、税込3520円)

3位 “スカルプシャンプー”

「イーラル」

 頭皮のタイプに合わせて肌のコンディションを整え、美しい髪の土台を作るスカルプシャンプー。チンピエキスなどの保湿成分配合で、さっぱりと軽やかに洗い上げ、弾力のある髪に仕上げる。ニオイやフケ、かゆみを防ぎ、頭皮と髪を健やかに保つ。アンケートの回答には、「コロナ禍以降、高価格帯のヘアケアに投資するお客さまが増えたこともあり、店販での売れ行きも好調」といった声があった。【医薬部外品】(400mL、税込5280円)


10月18日に「WWDBEAUTY」が
オンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」
を開催(視聴無料)

 10月18日(火)20時より、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」のライブ配信を行うので要チェック!