ビューティ

トリートメント(インバス)部門はハイトーンカラー需要を反映 「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師152人に、各カテゴリーで「2021年下半期~22年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 トリートメント(インバス)部門では、シャンプー部門と同様、「オージュア(AUJUA)」の“リペアリティ”ラインのトリートメントが連覇を達成した。この部門は上位の製品に票が集まる傾向が強く、安定した強さを発揮した。2位もシャンプー部門と同様、「ケラスターゼ(KERASTASE)」のカラーケアシリーズ“クロマアブソリュ”のリキッドトリートメントが受賞した。どちらもブリーチ毛やハイトーンカラーに適したシリーズで、ヘアカラートレンドとマッチしていたことが高評価につながった。“ハイトーンカラーブーム”以降、同ブランドはベースヘアケアカテゴリーにおいて、圧倒的な存在感を放っている。3位は「オッジィオット(OGGI OTTO)」の“インプレッシブPPTセラムマスク MM”で、何と3年連続で3位をキープした。次々と新製品が発売される中、ランクインを続けることは難しく、その達成の裏には単なる“ユーザー”を超えた“ファン”からの支持があるようだ(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を12部門に分類し、50軒の美容師152人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

トリートメント(インバス)部門

1位 “リペアリティ ヘアトリートメント”

「オージュア」

 “リペアリティ”はブリーチダメージ毛の髪の密度を高め、柔らかく美しい髪をかなえるライン。流出したタンパク質を補い留めるMX-CMADKなどのライン共通成分に加えて、水と親和性の高いクリームベースがブリーチ部分になじみ、均一に整える。潤いと柔らかさに満ちた髪に導くトリートメント。アンケートの回答には、「カラーに対する効果だけでなく、髪の質感も良くなる(柔らかくなる)」「色持ちが格段に良くなる」といった声があった。(250g、税込4950円)

2位 “クロマアブソリュ ソワン クロマグロス”

「ケラスターゼ」

 カラーヘアのために開発された先進のアシッドケア“トリプルアシッドケア”(乳酸、酒石酸、アミノ酸によるケア)を採用。カラーリングによる髪ダメージや色落ちをケアして、ヘアカラーが映える美しい髪に導くシリーズ。“ソワン クロマグロス”は髪表面をコーティングすることでダメージを抑え、透明感のある鮮やかな色みを演出するリキッドトリートメント。アンケートの回答には、「コーティングによる艶感が絶妙」といった声があった。(250mL、税込3520円)

3位 “インプレッシブPPTセラムマスク MM”

「オッジィオット」

 40%以上が加水分解コラーゲンや加水分解ケラチンなどの美容成分でできているマスク。保湿効果の高い植物エキスをバランスよく配合し、艶やかでまとまりのある髪を保ち続ける。アンケートの回答には、「“まさにサロンクオリティー”といえる艶感とまとまり感が魅力」といった声があった。(180g、税込3850円)


10月18日に「WWDBEAUTY」が
オンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」
を開催(視聴無料)

 10月18日(火)20時より、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」のライブ配信を行うので要チェック!