ファッション

「ショール」と人気DJのハニー・ディジョンがコラボ オールブラックのコレクション

 「ショール(SCHOLL)」は、ニューヨークやベルリンを拠点に活動するDJのハニー・ディジョン(Honey Dijon)のファッションブランド「ハニー ファッキング ディジョン(HONEY FUCKING DIJON)」と協業し、カプセルコレクションを発売する。アイテムはすべてブラックで、ヒール付きのクロッグシューズなどをシルバーの金具を使ってデザインした。発売は10月の予定で、「ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)」などのショップで取り扱う。サイズは35〜46(日本サイズ:約22〜28cm)。

 ハニー・ディジョンはコラボに際して、「『ショール』を見ると、母や幼少期を思い出す。ブランドが手掛けるシューズはどれも個性的。とても深い心のつながりを感じるブランドだ。22年現在、ジェンダー規範を問い直す議論や、ノンバイナリー(男女の2軸だけで性をとらえないセクシャリティー)についての対話が増えている。ファッションは本来、すべての人のためにあるもの。アイコニックなシューズの数々を新世代の若者に紹介する良い機会だと感じた。クロッグシューズはまさにアメリカの歴史の中で長く存在してきた象徴的なスタイル」とコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら