ファッション

トーマネが和紙で作った環境配慮型マネキンの受注生産開始

 トーマネは、2021年に開発した和紙のマネキン“ワルツ(Waltz)”の受注生産を5月12日から開始した。長期2年借りることができ、月額2万円でのレンタルを想定している。

 “ワルツ”は通常のマネキンで多く使われているFRP(繊維強化プラスチック)の替わりに、和紙とナチュラルな素材を採用した環境配慮型マネキン。使用しなくなったマネキンは再び和紙に戻すことができ、従来の廃棄方法とは異なり可燃物として廃棄することが可能だ。

 製造過程では揮発性が高い有機溶剤を使用しないため、作業者の安全な労働環境にも配慮している。また、同社の工場や物流倉庫がある茨城県常陸大宮市の無形文化財“西ノ内和紙”を用いることで、地域活性化を目指している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら