ファッション

メンズコレで発掘した期待のニューカマー5選

有料会員限定記事

 ミラノとパリの現地取材班が、実際に見て、聞いて、触って、今後の可能性を感じた5ブランドを厳選。華々しい経歴をもつ今季デビュー組から、南米出身の個性派、ストリートウエアが盛んなロサンゼルス発なのに技巧派まで、現地取材だからこそ発掘できた個性豊かな有望株を紹介する。日本ではほぼ無名だが、将来的に飛躍する可能性は十分だ。

【OUEST PARIS】
「アミ」出身者による
新感覚のウエスタン

 デザイナーのアーサー・ロバート(Arthur Robert)は1990年生まれ。「アミ パリス(AMI PARIS)」で約10年間デザインを手掛け、さまざまなブランドでコンサルティングを行ってきた。今季デビューの自身のブランド「ウエスト パリ(OUEST PARIS)」を通して、アメリカ西海岸の開放的な雰囲気と、自身のルーツであるフランス南西部の“ウエスタン”なムードを宿したリアルクローズを提案。ワークとストリートウエアをベースに、細部にフォークロアの要素を加える。機知に富んだディテールが魅力だ。ほとんどをヨーロッパで生産し、フェアトレードで製造。


【CYRIL BOUREZ】
クラシックを再解釈し
ユースとエレガンスを融合

この続きを読むには…
残り1003⽂字, 画像21枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら