ファッション

「オニツカタイガー」が寅年を祝した新プロジェクト 第1弾は“異形の天才”韮沢靖との協業

 「オニツカタイガー(ONITSUKA TIGER)」は、2022年の干支が寅年であることを記念し、1年を通してさまざまなアーティストを招へいするプロジェクト“イヤー オブ オニツカ タイガー(Year Of Onitsuka Tiger)”をスタートする。その第1弾として、“異形の天才”と称されたイラストレーター・デザイナー・造形作家の故・韮沢靖とのコラボレーションアイテムを2022年1月1日から一部直営店とECサイトで発売する。

 韮沢氏は晩年、オニツカタイガーストライプに着想した柄をまとったキャラクターの“オニツカタイガーマン(OnitsukaTiger Man)”を描いており、今回のコラボでは同キャラクターを大胆にプリントしたスエット(税込1万9800円)とロングスリーブTシャツ(同1万3200円)、Tシャツ(同1万1000円)の3型を用意する。それぞれブラックとホワイトの2色をそろえる。コラボを祝して、造形作家の竹谷隆之が世界に1点だけの“オニツカタイガーマン”のフィギュアを製作し(非売品)、表参道店をはじめとする旗艦店で順次展示するという。

 韮沢氏は1963年生まれ、新潟出身。1984年に東京デザイナー学院を卒業後、フリーイラストレーターを経て漫画「ドラゴンズヘブン」原作者でイラストレーターの小林誠と出会い、アシスタントとして従事。その後、イラストレーター・デザイナー・造形作家として独立し、16年に急逝するまでゲームや映画、CM、TVなど多岐にわたるジャンルで作品を発表してきた。代表作は、2004~11年の「仮面ライダー」シリーズの怪人デザインや、特撮テレビドラマ「牙狼〈GARO〉」のホラーデザインなど。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら