ビューティ

「アットコスメ」2021年ベストコスメ大賞は「イプサ」のロングセラー化粧水 過去最多の112万件の口コミから選出

 アイスタイルは9日、「アットコスメベストアワード2021」を発表した。2021年のベストコスメ大賞に選ばれたのは、「イプサ(IPSA)」の“ザ・タイムR アクア”。同製品は過去4年連続で同ベスコスにランクインし、昨年は総合大賞で2位に選ばれたロングセラー化粧水だ。不安定な世情から、外的内的ストレスに影響を受けやすい肌の調子を「安定させたい」という強い気持ちが反映された。総合2位は「ランコム(LANCOME)」の“ジェニフィック アドバンスト N”が、3位は「ケイト(KATE)」の“リップモンスター”がランクイン。総合トップ10のうち9アイテムが過去にもベスコスを受賞しており、人気が盤石な製品にひかれる傾向が見られた。

 22回目となる今年のベストコスメは、20年11月1日~21年10月31日に投稿された口コミ112万4085件(前年比1.2倍増)をもとに、対象5万4825アイテムから選出。口コミ件数は00年にスタートした同アワード史上最多となった。同社によると、「気軽に店舗でテスターを試せない」「EC購入で失敗はしたくない」という状況で、購入を後押しする「必要な情報を届けたい」という生活者同士の“助け合い”の気持ちが、口コミ投稿が促進された理由の一つと分析する。アイスタイルの吉松徹郎社長は、「この1年振り返ってみるとコロナ禍で厳しい状況が続いたが、東京オリンピックの開催から、その後も生活が安定し始めているように感じる。化粧品の動向を見ていても新しいメイクを楽しんでいる傾向があった。今年のベスコスも興味深いラインナップとなったが、来年につながるメイクを楽しむ入り口となったら」とコメントした。

 ベスコス選出の対象期間中に投稿された口コミでは、「お守り」「鎮静効果」「衛生的」といったワードの出現率が増加し、それらの効果が期待できるスキンケアがそれぞれランクインした。メイクアップの口コミにおいては、リップのカテゴリーが落ち込む中で、マスク生活の習慣化によりアイブロウのカテゴリーが2年連続で伸長。一方で「マスクに付きにくい」「色落ちしにくい」リップでトップ3にランクインした「ケイト」“リップモンスター”は消費が落ち込むリップカテゴリーに希望の光を見出した。

「アットコスメベストアワード2021」

1位「イプサ(IPSA)」“ザ・タイムR アクア”
2位「ランコム(LANCOME)」“ジェニフィック アドバンスト N”
3位「ケイト(KATE)」“リップモンスター”
4位「キャンメイク(CANMAKE)」“クリーミータッチライナー”
5位「ウカ(UKA)」“スカルプブラシ ケンザン”
6位「デジャヴュ(DEJAVU)」“アイブロウカラー”
7位「ヴイティ コスメティックス(VT COSMETICS)」“VT CICAデイリースージングマスク”
8位「ディオール(DIOR)」“ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー”
9位「シュウ ウエムラ(SHU UEMURA)」“アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル”
10位「ランコム(LANCOME)」“クラリフィック デュアル エッセンス ローション”

【殿堂入り】

「クラランス(CLARINS)」“フィックス メイクアップ”
「イハダ(IHADA)」“薬用バーム”
「エリクシール(ELIXIR)」“エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム”
「コスメデコルテ(DECORTE)」“フェイスパウダー”
「セザンヌ(CEZANNE)」“パールグロウハイライト”
「デジャヴュ(DEJAVU)」“塗るつけまつげ ラッシュアップ”
「ヴァセリン(VASELINE)」“アドバンスドリペア ボディローション”
「バウンシア(BOUNCIA)」“バウンシアボディソープ ホワイトソープの香り”

【2021年下半期 新人賞】
※下半期新人賞は21年5月1日~10月31日に発売された製品が対象

「スイサイ(SUISAI)」“suisai ビューティクリア ブラック パウダーウォッシュ”
「コスメデコルテ(DECORTE)」“リポソーム アドバンスト リペアセラム”
「クラランス(CLARINS)」“グラン アイ セラム V”
「d プログラム(d program)」“スキンリペアクリーム”
「デュウ(DEW)」“DEW クリアクレイフォンデュ”
「ポール & ジョー ボーテ(PAUL & JOE BEAUTE)」“モイスチュアライジング ファンデーション プライマー”
「アルビオン(ALBION)」“プリンプ パウダレスト”
「イニスフリー(INNISFREE)」“ノーセバム ミネラルパウダー N”
「キャンメイク(CANMAKE)」“シルキースフレアイズ(マットタイプ)”
「ヴィセ(VISE)」“ヴィセ リシェ ブラウンズ クリーミィペンシル”
「マジョリカ マジョルカ(MAJOLICA MAJORCA)」“ラッシュエキスパンダー ロングロングロング EX”
「ケイト(KATE)」“リップモンスター”
「ジバンシイ(GIVENCHY)」“プリズム・リーブル・ブラッシュ”
「フィーノ(FINO)」“プレミアムタッチ 浸透美容液ヘアオイル”
「ディオール(DIOR)」“ミス ディオール ハンド ジェル”

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら