紙面紹介

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

 「WWDJAPAN」10月18日号は、2022年春夏コレクションの速報第二弾です。今週も世界の各都市で開かれたコレクションの画像満載で、「未来を走り始めた」デザイナーたちの想いを届けます。
 
 今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気は?オープンした話題の新スポットは?そして感動し、新しい時代のムードを感じ取ったパリ・コレクションは?などを綴っています。

 そのあとは、2022年春夏シーズンに注目したい3つのムードを、最新コレクションを紹介しながら解説しています。キーワードは、「女性性」「オプティミスティックなカラー」そして「デジタル・コミュニケーション」。「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」や「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」「エトロ(ETRO)」「バレンシアガ(BALENCIAGA)」「アンリアレイジ(ANREALAGE)」などのコレクションレビューと共にお伝えします。表紙は、コルセットやトレーン、ブラカップなどを現代風にアップデートし、新しい時代の「女性性」を提案した「プラダ(PRADA)」です。

 このほかアナリストに聞いた「お金だけではなく、時間の奪い合いが、しかもアマゾン(AMAZON)やネットフリックス(NETFLIX)との間で始まっている」という話や、業界中がお近づきになりたいと願う若手富裕層の新連載など、盛りだくさんの内容です。

CONTENTS

FEATURE

  • 2022 S/S COLLECTION速報_vol.2 解き放て 女性性

FOCUS

  • 小売りのトップアナリストが見通す市場 「24時間の争奪戦」は始まっている
  • 7時間15分で会社を辞めた話が話題 “店頭で着る服”の自腹購入は違法?

SERIES

  • 新連載:今月の平山美春さん 若手富裕層の心をつかむ モノやサービスとは?:VOL.1 “コートホリック”で「エルメス」や「ルイ・ヴィトン」などを6着購入
  • HIT RANKING トモズ「クレンジング」TOP5/アットコスメトーキョー「ネイル」TOP5
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.50 日本の美容医療は年配層への提案が市場拡大の鍵(崔真淑/エコノミスト)
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.85 反省、反省、反省

EDITOR’S LETTER

  • 「ランバン」、再び目覚める?(小田島千春/副編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:「女性性」に対する僕らの葛藤(村上要/編集長、藪野淳/欧州通信員)

FASHION PATROL

  • SNS界のマルジェラ?! “ぼく脳”って誰だ?

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら