ファッション

ゴールドウインが北海道・斜里町と包括連携協定を締結 「自然を保全するのはわれわれの使命」

 ゴールドウインは10月9日、北海道・知床半島の北側に位置する斜里町と、地域活性化に関する包括連携協定を結んだ。“アウトドアを、文化に”を理念に、世界遺産・知床国立公園の魅力向上や子ども向け自然体験の充実、自然と共生するサステナブルな社会実現などを目指す。同日、知床国立公園内のビジターセンター「知床自然センター」で調定式を行い、渡辺貴生ゴールドウイン社長や馬場隆・斜里町長が登壇した。写真家の石川直樹をはじめ、両者の連携に携わってきたクリエイター・関係者も多く参加した。

 同社と斜里町は、2018年に事業連携を開始。ゴールドウインのマリン&アウトドアブランド「ヘリーハンセン(HELLY HANSEN)」のワークウエアを地元漁業に提供する連携事業を皮切りに、自然保全イベントなどを実施してきた。19年には、「ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)」と「ヘリーハンセン」の複合店を「知床自然センター」に開いている。今回の包括連携は「より密接で多角的な事業連携のため」(渡辺社長)、締結に至ったという。期間は26年3月末までで、その後5年ごとに継続させるかを判断する。

 渡辺社長は「われわれは40年間、アウトドアとスポーツを軸にしてきた。知床の自然を保全し、共生する価値を伝えるのはわれわれの使命だ。特に子どもの可能性を引き出す体験とひらめきを提供し、それらを積み上げ、自然を思いやる心を育てていきたい。まずは4年半の契約だが、末長くお付き合いしていきたい」と語った。馬場町長は、「若者をはじめ多くの人に支持されるブランドが町にあることは、住民の誇りにつながっている。また知床国立公園は世界遺産でありながら、町の中心地から離れた場所にあり、地域住民さえ足を運ばない場所だった。そこに店ができ、さまざまなイベントを行ってきたことで、住民にとっても日常的な場所になった」と連携事業の成果を振り返った。今後については「自然保全事業や新たなアクティビティ開発などを通し、さらに斜里町の魅力を高め、世界に通用する町にしたい」と期待した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら