紙面紹介

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

 「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

 いまメイクは性別も年代も選ばず、使い方も自由であり個々にそれぞれが解釈する時代です。ファッションも多様化しており、そのようなファッションにどんなメイクを合わせるかも楽しみ方の1つです。そこで今特集では、「ラグジュアリーストリート」「文系男子」「サステナブル」「主役世代(50〜60代)」の4つのファッションテーマに合うメイクの一例を、有泉志乃メイクアップアーティストが秋冬の新製品を使って提案します。

 中面ではファッション&ビューティテック特集vol.1として、ファッション&ビューティ企業が経営課題としている販売のデジタルトランスフォーメーション(DX)をピックアップ。大手が続々と参入するフェムテック市場で増える吸水ショーツの24ブランドも紹介します。

COVER CREDIT
MODEL:AN(FRIDAY)、KEIGO OKAZAKI(VELBED)/
PHOTO:AKIRA SHIMAZU(W)/
STYLING:MASUMI YAKUZAWA/
MAKE:SHINO ARIIZUMI(TRON)/HAIR:TAKUYA BABA(SEPT.)/ART DIRECTION:JIRO FUKUDA

CONTENTS

FEATURE

  • 2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

FOCUS

  • フェムテック市場にプレイヤーが続々参入 2021年吸水ショーツブランドリスト24
  • ファッション&ビューティテック特集Vol.1 販売DX:今こそ販売をデジタル化せよ!

SERIES

  • 美容ジャーナリスト齋藤薫のビューティ業界へのオピニオン:Vol.10 美容医療にできなくて化粧品にはできること……それがこの3社の“想像を絶する進化”で見えてきた。
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.39 美の価値向上は追い風に(坂狩トモタカ/「シア」代表)・“生っぽさ”が加わる新生「RMK」に期待(野々口祐子/「シアン」代表)
  • ミステリーショッパーが行く!:なんばパークス

EDITOR’S LETTER

  • 「ルール」と「作法」の違いって?(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:「性別にとらわれないビューティ」とは?(村上要/編集長、中出若菜/記者)

FASHION PATROL

  • 「バレンシアガ」にも驚いたけれど 「グッチ」が京都を大ハッキング!!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら