ビューティ

売れたアイテムを発表! スキンケア1位は「デュオ」と「VT」「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」バラエティー・ドラッグストア

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、 百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 バラエティー・ドラッグストア「スキンケア」部門の新製品1位は「デュオ(DUO)」“ザ・クレンジングバーム ブラックリペア”となった。バイヤーは「発売するや否や、クリアを抜いて上位になった。男性にもオススメ」と話す。2位は「ハク(HAKU)」“メラノフォーカスZ”、3位は「オバジ(OBAGI)」“C25セラム ネオ”となった。

 総合1位は「VT」“シカデイリースージングマスク”。「コロナ禍の肌荒れ需要にマッチした」とバイヤー。2位は「dプログラム(D PROGRAM)」“アレルバリア ミスト N”、同率2位に「ハク(HAKU)」“メラノフォーカスZ”、「タカミ(TAKAMI)」“スキンピール”がランクインした。(価格は全て税込)

新製品

1位 “ザ・クレンジングバーム ブラックリペア”

「デュオ」

 黒ずみ毛穴、ザラつき、皮脂テカリのケアにフォーカスしたクレンジングバーム。6種の発酵エキスが肌の表面をほぐし、DUO独自配合オイルが角栓の皮脂へアプローチ。オイルとなじんだ皮脂汚れは、備長炭を微粒子化した「ブラックパウダー」と活性炭がしっかり吸着。洗い上がりの肌は8種の発酵成分と2種の美容成分が肌をケアする。W洗顔不要で時短であることも好調の要因だ。(90g、3960円)

2位 “メラノフォーカスZ”

「ハク」

 「ハク(HAKU)」の新美白美容液。「ハク」は、日本で初めて美白有効成分4MSKとm-トラネキサム酸の2種の美白有効成分の同時配合に成功し、05年のブランド誕生から人気を博す。新製品は「Zカット複合体」という整肌・保湿成分を配合し、潤いを与え、肌環境を整える。シミの根本原因に働きかけ、メラニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防ぐ。【医薬部外品】(45g、1万1000円)

3位 “C25セラム ネオ”

「オバジ」

 3月にリニューアルした美容液。ピュアビタミンC濃度25%と、ブランド史上最高濃度を実現した。乾燥小ジワ、くすみ、毛穴、キメ、ハリといった大人の肌悩みに総合的にアプローチ。潤って毛穴の目立たない、艶のある肌に導くと注目を集めた。(12mL、1万1000円)


総合

1位 “シカデイリースージングマスク”

「VT」

 乾燥して乾いた肌の水分と鎮静を図り、荒れた肌のキメを整えるフェイシャルマスク。0.25mmの薄さのシートが肌にぴったりフィット。人気のツボクサエキスを整肌成分として配合し、肌荒れに悩む人の保湿ケアとしても評価が高かった。1枚ずつ取り出し使うティッシュタイプなので衛生的。(30枚入り、2420円)

2位 “アレルバリア ミスト N”

「dプログラム」

 花粉・ほこりなどの微粒子汚れ、乾燥から肌を守る敏感肌用化粧水。肌をプロテクトするオイル層と潤いを与える化粧水層が混ざり合い、みずみずしい肌へと導く。素肌の保湿だけでなく、メイクの仕上げや化粧直しにも使える。フィニッシングスプレーとして使用すれば、皮脂崩れを防ぎ、化粧持ちアップも期待できると人気だ。(57mL、1650円)

2位 “メラノフォーカスZ”

「ハク」

 新製品2位の「ハク」“メラノフォーカスZ”が、総合でも2位を獲得。美白カテゴリーでは常にベストコスメを受賞する「ハク」シリーズの主力製品として高い評価を得ている。シミの根本原因に働きかけ、メララニンの生成を抑えて、シミ・そばかすを防御、潤いに満ちた透明感のある肌へ導く。無香料、アレルギーテスト済み、ニキビのもとになりにくい処方だ。【医薬部外品】(45g、1万1000円)

2位 “スキンピール”

「タカミ」

 「タカミの青い瓶」で親しまれる、ロングセラー角質美容水。角層のすみずみまで有用成分を届け、肌の生まれ変わるサイクルにアプローチ。使い方は洗顔と化粧水の間にプラスワンするだけ。水のようなテクスチャーで穏やかに肌に浸透。他のアイテムの邪魔にならず、いつものスキンケアに足せるのも魅力。(30mL、5280円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT :MISA KOTAKE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら