ビューティ

売れたアイテムを発表! アイメイク1位は新製品・総合ともに「スック」 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」百貨店・セミセルフショップ

 「WWDJAPAN 2021上半期ベストコスメ」を発表! 「WWDJAPAN」は、百貨店・セミセルフショップ、バラエティー・ドラッグストアで2021年上半期(1~4月)に売れた製品を調査。この期間に発売された新製品(NEW PRODUCT)のベスト3と、新製品だけでなく既存品を含めた総合(HERO PRODUCT)のベスト3を紹介する。

 百貨店・セミセルフショップの「アイメイク」部門の新製品は、「スック(SUQQU)」の“シグニチャー カラー アイズ”が1位に輝いた。バイヤーは「リニューアル前から人気のアイシャドウ。SNSでの色比較など話題性の高さから、発売前から問い合わせが多い状況」と語る。2位は「シャネル(CHANEL)」の“レ キャトル オンブル”、3位は「ルナソル(LUNASOL)」の“アイカラーレーション”だった。

 総合も「スック(SUQQU)」“シグニチャー カラー アイズ”で、新製品とともにダブル受賞。バイヤーの「使いやすいカラー、ラメ感、発色の良さで好評」といったコメントからも注目の高さを感じさせる。「シャネル(CHANEL)」の “レ キャトル オンブル”も、新製品2位で総合も2位。3位は「ディオール(DIOR)」の“サンク クルール クチュール”がランクインした。(価格は全て税込)

新製品

1位 “シグニチャー カラー アイズ”

「スック」

 品のあるテクスチャーとスタイリッシュな色で構成するアイシャドーパレットがリニューアルしてなお絶好調。今季、“冒険せずとも、新しい。”をキャッチフレーズに、上質なシルクやリネンを羽織るような洗練のベーシックカラーを提案。良質とモードさを併せ持った落ち着きのある色調でシームレス。色を重ねても濁らず、白浮きすることなく発色する。滑らかに広がる質感が新しい春に希望を抱かせる。4色のアイシャドーパレットは新色6種、限定色1種。(各7700円)

2位 “レ キャトル オンブル”

「シャネル」

 1982年から多くの人に愛されてきた4色セットのアイ パレットは、2021年も限定色を発表し注目を集めた。 “レ フルール ドゥ シャネル”コレクション、パールに着想を得た“ペルル エ エクラ ドゥ シャネル”コレクションでも数量限定で展開。ハイライト カラーにインテンス カラー、2つのシェーディング カラーを組み合わせてセットインしたパレット。繊細な色と質感を組み合わせることの自由な楽しさと、メイクすることの無限の可能性を改めて知る。(全16種<数量限定1種>、各7590円)

3位 “アイカラーレーション”

「ルナソル」

 4色をセットにしたアイシャドウパレット。鮮やかな色に、繊細なニュアンスなはらんだ色。まばゆいほどのきらめきを持たせたモノからマットで端正なものまで楽しませる質感。個性豊かな色や質感を自由に楽しめる4色は配色も美しい。春のコレクションで発表した11 サヴェージローズは高い人気で、上品なウオームカラーはオンオフを選ばず楽しめると好評だ。軽やかなつけ心地で印象的な目元を描く。(全15種<限定3種>、6820円)


総合

1位 “シグニチャー カラー アイズ”

「スック」

 リニューアルして新製品でも1位を獲得した“シグニチャー カラー アイズ” が、総合でも1位に。今季、“冒険せずとも、新しい。”をキャッチフレーズに生まれ変わり、ブランドの人気NO.1だけでなく、アイシャドウのNO.1となった。上質なシルクやリネンを羽織るような洗練のベーシックカラーを特徴に、良質とモードさを併せ持った落ち着きのある色調でシームレス。色を重ねても濁らず、白浮きすることなく発色する。4色のアイシャドーパレットは新色6種、限定色1種。(各7700円)

2位 “レ キャトル オンブル”

「シャネル」

 1982年より多くの人に愛されてきた4色セットのアイ パレット。2014年に製法を現在のものに新たにし、さらに4つの色が織り成す美しさがパワーアップした。ハイライト カラーにインテンス カラー、2つのシェーディング カラーを組み合わせてセットイン。柔らかくしっとりとしたテクスチャーは、まぶたに優しくフィット。単色はもちろん、ブレンドすることで繊細なニュアンスを楽しむなど使い方は自在。美しく仕上がったアイメイクは1日持続する。(全16種<数量限定1種>、各7590円)

3位 “サンク クルール クチュール”

「ディオール」

 マット、サテン、パーリー、メタル、グリッター、ハイライターの6種の効果に、ランウェイ ルックから発想してデザインする、“サンク クルール クチュール”。中でも、079 ブラック ボウ、279 デニム、689 ミッツァ、879 ルージュ トラファルガーの4つのシェードは、「ディオール」を象徴するクチュール ドレスをそれぞれに体現。アロエベラやパインオイルのスキンケア成分がまぶたのストレスを軽減する。軽やかなつけ心地でクリーミーなテクスチャーで美しいグラデーションになるのも選ばれる理由のひとつ。(全13色<限定1色>、各8360円)

PHOTO : HIROKI WATANABE
TEXT : AKIRA WATANABE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら