ファッション

「テバ」が初のアパレルコレクション 環境配慮型素材のユニセックスアイテム

 アウトドアシューズブランドの「テバ(TEVA)」は初のアパレルコレクションを日本限定で発売する。リサイクル素材やオーガニックコットンなどの環境配慮型素材を用いたウエアや小物をユニセックスでそろえる。4月30日から公式ECサイトを始め、一部の店舗で順次取り扱う。

 “In your element”をテーマに、自然界から着想を得たジェンダーレスで楽しめるデザインが特徴。アイテムは、ブランドのルーツであるグランドキャニオンの風景をイメージしたグラフィックをプリントしたオーガニックコットン100%のTシャツ(5390円、税込)やリサイクルナイロンとコットンの混紡素材を使用したショートパンツ(9790円、同)、バケットハット(6490円、同)、バックパック(1万2100円、同)などで、それぞれ100%リサイクルプラスチック素材のサンダルのストラップをアクセントに加えた。9月にはアノラックジャケット(2万5300円、同)やセットアップで着られるロングスリーブTシャツ(6490円、同)とロングパンツ(1万890円、同)なども登場する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら