ファッション

カーラ・デルヴィーニュが共同経営者のセックストイブランドが日本上陸

 日本のフェムテック専門店「ラブピースクラブ(LOVE PIECE CLUB)」を運営するアジュマは、アメリカ発のプレジャーテックブランド「ローラ ディカルロ(LORA DICARLO)」と日本における代理店契約を結び、1月に商品の販売を開始した。

 「ローラ ディカルロ」は2017年、創業者のローラ・ディカルロが「女性がポジティブにセクシュアルライフを楽しめるように」という思いを込めて設立。人間工学に基づいた設計と、マイクロロボティクス(小型ロボット)の技術を合わせて、人間に触れられているような感覚を得られるトイを開発している。19年にはラスベガスの家電見本市CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)で、ロボット・ドローン部門に出展し、技術賞を受賞。その後「プレジャートイはわいせつである」とされ、受賞が取り消さられるも、この判断にディカルロが抗議して賞を取り戻したことで注目を集めた。翌年に同見本市では新たにセックストイ部門が設立されることになった。20年11月には女優でモデルのカーラ・デルヴィーニュ(Cara Delevingne)が共同経営者に就任し、クリエイティブアドバイザーとして女性のためのトイ作りに取り組んでいる。

 「ローラ ディカルロ」の商品は従来のセックストイのような振動型ではなく、人間の手や口、舌などを生体模倣した動作が特徴的だ。代表的な“オセ2(Ose2)”は指で触れるような感覚と、口で優しく吸うような感覚を合わせたブレンドオーガズム(複合的なオーガズム)を楽しめるトイ。吸引トイの“バチ(Baci)”はマイクロロボティクス技術で人の口の柔らかさ、強さを再現している。価格は2万〜3万7800円。

 商品は「ラブピースクラブ」店舗やオンラインストアで取り扱うほか、アジュマでは取り扱い店舗に向けた卸売りを行っている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら