ファッション

「ディースクエアード」2016年春夏ミラノ・メンズ・コレクション

 「ディースクエアード(DSQUARED2)」が2016年春夏メンズ・コレクションをミラノで発表した。

REPORT

全身タトゥーの反抗期ボーイズが西海岸でサーフィンに繰り出す

「ディースクエアード」の2016年春夏メンズは、サーフィンを楽しむ海岸が舞台。ただ、思い描いた男性像は、海とその周りの自然に触れ、ある種の煩悩から解放され、エコな生活を送っている大人とはちょっぴり違う。彼らは、自然の中で友達と遊ぶのも大好きだが、夜遊びだってキライじゃないキッズたち。そんな同性の友達と遊ぶのが大好きなボーイズライフを描いたようだ。

基本のスタイルは、サーフもしくはアウトドアだ。ウエットスーツとレイヤードしたデニムは、サーフショーツのようなワイドシルエットで、トップスはタイダイ染めのTシャツか、後ろ前に着たようなメッシュのタンクトップのレイヤード。そこにビッグシルエットのモッズコートやGジャンなどを羽織り、トレッキングロープがカラフルなハイカットのスニーカーやバックパックを合わせる。今シーズンは、プロポーションバランスが秀逸。ボトムスは腰ばきしたスーパーワイドから、ナイロンショーツと組み合わせたレギンスのようなデニムまで幅広く、トップスもいつも通りタイトなGジャンからダルダルのタンクトップ、オーバーサイズのマリンパーカまで多様だ。

後半は、こうしたスタイルが漆黒に染まって、夜のストリートの様相を深めていく。レザーやスタッズなど、得意分野も登場。しかし、いずれもサーフシーンとミックスしているため、そのスタイルはヘルシーだ。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら