紙面紹介

販売員特集2020 ウィズコロナ時代にこそ人間力が光る!

 「WWDジャパン」6月29日号は「販売員特集」です。16人の記者がそれぞれの担当ジャンルで“この人はスゴい!”と感じた販売員を取材しました。デザイナー、工場、プレスなどがつないだバトンを最後にユーザーに手渡す販売員は、ファッションにおける最前線の人材。ウィズコロナ時代を力強く切り開く15人のスゴ腕の実例をご覧ください。ニュース面では、川久保玲「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」デザイナーらが語るランウエイショーの必要性について迫ります。新型コロナウイルスの感染拡大を受けてリアルイベントは軒並み中止、スライドする秋についても不透明感は残ったまま……。業界のキーパーソンたちは未来をどう描くのか?また6月11日にオープンした東京・虎ノ門ヒルズの新棟「ビジネスタワー」の商業フロア(地下1階~地上3階)のポテンシャルも解析します。上層のオフィスフロア(5階~36階)にフェイスブック(FACEBOOK)など多数の外資系企業が入居する同ビルに、少数ながらファッション系テナントも出店し、新たなビジネスチャンスをうかがいます。

 今週号でフォーカスする販売員は、コロナショックで大きな被害を受けました。緊急事態宣言に伴って店舗は休業し、雇用や賃金の不安にも見舞われました。営業再開後には“ウイルスの感染リスクを抑える”という新たなミッションがプラスされ、これまでにないストレスにさらされています。そんな中でも笑顔を見せ、懸命にブランドやショップの思いを伝える彼ら。インスタライブやVRチャットといったデジタル技術がそんな彼らを大きくバックアップし、一方でこんな時代だからこその人間力を見つめ直した接客もきらりと光ります。

 株連載のランキング1位はANAP。子会社のANAPラボが、AIを活用して自動的に人物画像・動画を切り抜くシステム“Labpick”を開発したことが上昇の要因です。「不易と流行のあいだ」では、限定マスクをフックに“ウォンツはニーズを超える”をテーマにします。巻末のファッションパトロールは、アタッシェ・ドゥ・プレスとしても働くドラァグクイーン、ピーニャニーニャを取り上げます。

 「WWDジャパン」と「WWDビューティ」は、最新号の紙面を紹介するライブ配信番組「もっと深くをもっと知る!『Read More』」を開始しました。毎週月曜日の18時からは「WWDジャパン」の最新コンテンツを紹介。毎月第1~第4木曜日の18時からは「WWDビューティ」の最新コンテンツを紹介します。今回は、6月29日号の「販売員特集」の“読みどころ”を6月29日18時からライブ配信します。

CONTENTS

IN FOCUS

  • ウィズコロナ時代に光る“販売員”という人間力

EDITOR’S VIEW

  • ソーシャルな企業になれるか

NEWS

  • 川久保玲ら業界のキーパーソンが語る ランウエイショーの必要性
  • 6月開業のヒルズ新棟に「カシヤマ」や「鎌倉シャツ」などが出店 “虎ノ門”が秘める商業的ポテンシャル
  • 新施設ミヤシタパークに7月6日オープン「ルイ・ヴィトン」が渋谷にメンズ旗艦店
  • 2019年度決算 ファッション企業 “新常態”へ適応急ぐ

SERIES

  • ファッション&アパレル関連株 騰落率ランキング 第52回
  • ファッション業界人物列伝:浜野総合研究所代表取締役社長/浜野安宏 第11話
  • 不易と流行のあいだ:Vol.7 ウォンツはニーズを超える(前編)

FASHION PATROL

  • ドラァグクイーンのデジタル営業が加速 !? ファッション業界の“クイーン”が語るテレワークと接客術

WEEKLY SCHEDULE

  • 6月29日〜7月5日

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら