ビューティ

マツキヨHDとココカラファインの経営統合が合意 業界トップのドラッグストア誕生へ

 経営統合に向け話し合いを進めてきたマツモトキヨシホールディングス(以下、マツキヨHD)とココカラファインは1月31日、経営統合に合意したと発表した。統合は2021年10月1日を予定し、マツキヨHDの松本清雄社長がトップ予定の新会社を設立して両社を事業会社として傘下に置く形になる。統合により売上高1兆円、店舗数は3000店となり、現在売り上げ1位のツルハホールディングスを抜いてドラッグストア業界トップとなる。

 19年9月末時点で、マツキヨHDは1681店舗(うち調剤薬局302店舗)を展開し、ココカラファインは1333店舗(うち調剤薬局299店舗)を展開している。両社は共に化粧品の構成比が高く、都市および都市周辺部に多くの店舗を持つという特徴がある。店舗の展開エリアを相互に補完できる関係にあり、デジタル化やグローバル展開推進といった戦略の方向性も近いため、互いの各種リソースやインフラ、ノウハウなどを活用することが可能だ。統合3年目をめどに、連結ベースで数百億規模の収益改善効果の達成を見込む。

 売上高5759億円で業界5位のマツキヨHDと、売上高4005億円で業界7位のココカラファインは、昨年春に経営統合の検討に関するリリースを発表。業界6位のスギホールディングスもココカラファインに対して経営統合を打診していたが、ココカラファインはマツキヨHDと19年8月に正式協議に入り、経営統合に向けての協議を進めていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら