ファッション

ロンドンの若い世代を中心に人気を集めるストリートブランド「ヒドゥン・マングローブス」

 ロンドン発のストリートブランド「ヒドゥン・マングローブス(HIDDEN MANGROVES)」がいま、現地の若い世代を中心にジワジワと人気を集めている。

 「ヒドゥン・マングローブス」は2017年に誕生したばかりの若いブランドで、10代の頃からスケートボードやグライムに親しんでいたロンドン生まれのルカ・ブラウン(Luca Brown)がデザイナーを務めている。立ち上げのきっかけは、欲しいと思うTシャツがなかったために自分で製作し、それを友人たちに配りはじめたことだ。その後、ステッカーを貼ったり地元のスケーターにTシャツやフーディーをギフティングしたりと草の根活動を続けたことで、徐々にそのウイットに富んだカラフルなグラフィックデザインが注目を集め、設立2年目にしてドーバー ストリート マーケット ロンドン(DOVER STREET MARKET LONDON以下、DSML)でも取り扱われている。

 「マングローブの水面下には、マングローブを母体とした世界が広がっている。そこに潜む生き物たちは、マングローブと“家族”でない限り海上からは見ることができない。逆に“家族”であれば好きなだけ見ることができるんだ。また、表面的な関係で終わらせたくないという意味も込めている」とルカ=デザイナーは、ブランド名に託したコミュニティーの大切さを語る。そのため、ルックブックでも偽りのないありのままの自分たちを表現したいとモデルには水原佑果をはじめとした友人を起用し、ルカ=デザイナー自身が撮影したそうだ。

 素材でもルカ=デザイナーがインド旅行中に発見したものを採用するなどこだわりを見せ、夏に控える2020年春夏コレクションでは東京の職人が手作業で染めた生地を使用したTシャツなどを用意するという。

 価格は40〜150ポンド(約5700〜2万1000円)とストリートブランドらしく手頃で、現在「ヒドゥン・マングローブス」の公式オンラインストアとDSMLのほか、東京・原宿のセレクトショップ「ドミサイル東京(DOMICILE TOKYO)」でのみ取り扱っている。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら