「ヨシオ クボ」がパリメンズに決意の参加 「パリでやり続ける」

コレクション動向

2018/6/1 (FRI) 09:00

 「ヨシオ クボ(YOSHIO KUBO)」は、6月19〜24日に開催されるパリ・メンズ・コレクションに参加し、現地時間22日の13時にプレゼンテーション形式で2019年春夏コレクションを披露する。

 同ブランドは17年1月にジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)社の支援でミラノ・メンズ・コレクションに参加し、海外で初のランウエイショーに挑戦した。その後も同年6月にイタリア・フィレンツェのピッティ・イマージネ・ウオモ(PITTI IMMAGINE UOMO)、18年1月には再びミラノでショーを行っていた。

 久保嘉男デザイナーは初のパリメンズ挑戦について「パリには世界中から人が集まる。そんな場所でショーを行うことはブランドにとって非常に重要な事だ。世界の人たちに『ヨシオ クボ』を知ってもらうために、今後も続けていきたい」と意気込む。さらにショーにこだわる理由を「人が着て歩くという発表形式は、今でもコレクションを表現するうえでベストだと考えている。例えアクシデントのような事があったとしても、それでもやる意味はある」と続けた。次シーズンはランウエイショー形式での発表を計画しているという。

 19年春夏シーズンのパリメンズは日本から参加するブランドが多く、「アンダーカバー(UNDERCOVER)」や「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」など、合計12ブランドがショーを行う。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 神楽坂のラカグが営業終了 アコメヤに業態変換

    企業動向商業施設リブランディング
  2. PICKUP

    「ジジ」休刊 名物編集長の岸田氏退任発表後に急展開

    企業動向雑誌・書籍・媒体休刊
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true