「イッセイ ミヤケ」がたどり着いた “洗えるウールのプリーツ”という新世界

コラムコレクション・レポート

2018/3/3 (SAT) 10:00

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は2018-19年秋冬コレクションで再び、新しいテキスタイルを使ったコレクションを発表した。14年春夏に発表した技法、蒸気で布を縮めて服を作る “スチームストレッチ”を用いて太番手の毛糸を織り込み、一見するとニットのような、それでいてプリーツのように弾む見たことのない生地の服を生み出した。

 技術の進化を背景にした新しいテキスタイルの発表は、「イッセイ ミヤケ」にとってもはや“当たり前”。それは変わらず強みだが、今季はむしろ、難しい技術を理解せずともショー自体から力強さを受け取る点が印象的だった。

 招待状には狼やトラなど野生動物の絵。会場はコンクリートを打ちっぱなしの洞窟のような空間で、中央に暖炉を模した明かりがともる。モデルはモコモコとした白やグレー、ネイビー、ブラウンの“ウール・ニット”や縫い目のないダウンコートに包まり、歩くたびに裾がバウンドする。その動きはどこか野生動物を連想させてしなやかだ。今季のパリコレは連日氷点下続きなこともあり、“今すぐそれに包まりたい”と思わされる服だった。

 さらに発表した服はいずれもウォッシャブルだという。生地の開発の背景について、宮前義之デザイナーは「気持ちとして、あったかいものを作りたかった。ウールのニットはともすれば重たく、ケアは少し面倒。プリーツを着てくださっているお客さんが冬に着るプリーツの服を作りたかった」と話している。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 三越 vs 高島屋「お江戸日本橋の百貨店戦争」 老舗は別々の道を歩み始めた

    コラム企業動向商業施設リブランディング
  2. 「ハイプビースト」創業者が明かすメディア誕生秘話とNYの「ハイプフェスト」

    雑誌・書籍・媒体イベントインタビュー
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true