ビューティ

コーヒー消費量世界トップクラスのノルウェーで注目のコーヒー美容 海外ビューティ通信オスロ編

有料会員限定記事

 世界に目を向けると日本とは異なる美容トレンドが生まれている。そこで、連載「海外ビューティ通信」では、パリやニューヨーク、ソウル、シンガポールなど、7都市に住む美容通に最新ビューティ事情をリポートしてもらう。

 北欧といえばおいしいコーヒー!世界トップクラスのコーヒー消費量を誇る北欧の国々の中でも、ノルウェーは米「ニューヨーク・タイムズ」誌が絶賛する良質のコーヒーが飲め、世界的コーヒーブームの先駆けとなった国だ。ノルウェー人の67%が毎日コーヒーを飲み、その量は1年で平均160Lにのぼる(Ipsos調べ)。ざっと1日3〜4杯ほど飲んでいるという計算だ。そんなコーヒー大国ノルウェーでは、感度の高い女性たちの間で、コーヒーのカスを再利用した美容法が人気だ。(この記事はWWDビューティ2019年11月21日号からの抜粋です)

 というのも、オスロは今年2019年、欧州委員会から「欧州グリーン首都賞」に選ばれモデル都市となった。街をあげて市民がさまざまな環境対策に取り組んでいる。そこで、コーヒーを大量消費するオスロの廃棄物をリサイクルして美容に生かそうというわけだ。

この続きを読むには…
残り1190⽂字, 画像4枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら