ファッション

マッチョマンだけじゃない!? 美容のために女性向けプロテインが続々誕生

有料会員限定記事

 プロテイン市場が活況だ。富士経済の調査によると、プロテイン市場の2017年実績は前年比15.4%増の597億円、23年には748億円と予測され、16年対比で44.5%増とさらに拡大する見込みだという。かつては筋肉量増加や体作りなど、スポーツ目的で利用するというイメージが強かったが、タンパク質は炭水化物(糖質)、脂質と共に3大栄養素であるという認識が進み、スポーツ人口の増加による一般への普及、美容目的の女性や健康維持を目指す中高年~シニア層の高齢者の購入も増え、間口が拡大している。こうした市場ニーズの多様化を背景に、商品開発も活発化している。(この記事はWWDビューティ2019年10月24日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1022⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら